今年の初タンメンは南砂の龍苑

南砂住宅商店街龍苑
Apple iPhone 8 ƒ/1.8 1/100 3.99 mm ISO 25

 本日の卦は恒(こう)の五上変爻。恒の姤(こう)に之く。2つの変爻がある場合は、後から出た爻の爻辞をとる。今回は上六。恒は、亨(とお)る。咎なし。貞(ただ)しきに利(よ)ろし。往くところあるによろし。上六。恒(つね)を振う。凶なり。姤は、女壮(さか)んなり。女を取(めと)るに用うるなかれ。

 恒は変わらない様子、安定した様子を意味する。だがその上六は、安定した状態から、次の状態に移行していくことを示す。安定していればこそ物事は思い通りに進み、失敗も少ない。安定していればこそ、何事かを為すこともできる。しかしその土台である安定状態を軽んじれば、そこに大きな罠が待ち構えている。

 之卦は結婚について注意を促す卦だが、これは「大きなことには手を付けないほうがいい」という戒めとなるだろう。

 昨日までと違ってきれいに晴れたため、今日は自転車で外出。とくに目的があってのことではなかったが、近くのスーパーの文具売り場に行ってみた。コクヨが出しているハーフサイズノートの現物が見てみたかったのだ。セミB5サイズの定番ノートを、天地方向2分の1サイズにしたもので、要するにB6サイズの横開き。こうすることで、パソコンのキーボードの前にある小さなスペースでも広げられるというのが売りだ。

 残念ながらお目当てのノートは見つからなかったのだが、売り場をウロウロしながら、ノートについては現在使わずに放置しているA5サイズのルーズリーフを再活用しようと考えた。小さなノートなら野帳やさまざまなメモ帳がたくさん残っている。野帳やA5ルーズリーフは定番商品として今後も残るだろうが、B6横開きのノートは定番になり得ないのではなかろうか……と、何ヶ所か売り場を回って現物を扱っていないことから危惧したのだ。

 A5ルーズリーフはB6横開きよりずっと大きいが、表紙を360度回転させられるスマートリングなら、机上占有面積は小さくて済む。何ならそれを横位置で使ってもいい。実際の使い勝手の問題などもあるので、これについては実際に使いながらどうするか考えようと思う。

 スーパーでは結局何も買わず、そのまま自転車を乗り継いで昼食へ。南砂住宅商店の龍苑で、今年初めてのタンメン。美味しかった。タンメンはたいがいどの店にいって食べてもまあまあ美味しいと思う。今までに「これは大ハズレだった」「これは期待はずれだった」と思うことがまずない。そういう意味では、安心できるメニューだと思う。

 帰りは少し風が出てきて寒い。自転車をこいでいると汗ばむのだが、それが冷たい風にさらされて寒いこと寒いこと……。じゃあ脱げばいいかというと、風の冷たさが体に突き刺さる。暑さと寒さが同時進行するひどいありさま。凍えながら、汗たらたら流しながら、家に到着。自転車で出るときは、服装にちょっと気をつけた方がよさそうだ。反省。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中