昼は東銀座でランチ

銀座は歩行者天国
Google Pixel 3a ƒ/1.8 1/939 4.44 mm ISO 57

 朝から快晴。窓からは富士山がくっきり見える。これ、山梨に帰省したときよりキレイに見えるじゃんね〜。まあ山梨の実家は近くの山がじゃまっけで、富士山が見えないのだけれど……。

 天気がいいからサイクリングに行くことを考えた。最近自転車に乗ってないので、Birdyのタイヤに空気入れて、30キロか50キロくらいダラダラ走るのも気持ちいいだろうと思ったのだ。だが今日はそれを取りやめて、連れ合いとランチを食べに出かけた。

 「テレビの旅番組みてたら飲茶が食べたくなった」というリクエストがあったので、近くで飲茶が食べられそうな場所を探す。東銀座にGoogleマップの評価が高い店があったので、そこに行ってみることにした。これは大正解。値段もそれほど高くなくて良かった。食事を終えて店を出るとき、店員が入り口まで見送りに出てくれたのに恐縮する。

 店を出て少し近くをぶらぶら歩いたが、いくつかの店に大行列ができている。近くに築地があるし、そこから人が流れてきているのかもしれない。銀座まで歩いてみると、人出は多いが行列しているような風景は見かけなかった。やはり東銀座周辺だけのことだったのか。

 銀座は歩行者天国が復活していた。人はどっさり繰り出している。まあ自分達もその「人」のうちなので、それをどうこう言う気はないのだが、これを見ると、コロナ禍はもうどこかに消えてしまったかのようだ。

 でも海外の様子を見る限り、これは感染の小休止なんだと思う。日本でもじきに、次の感染拡大がやってくるだろう。第五波では「医療崩壊寸前」という名の医療崩壊状態が実質的にやって来たわけだが、政府や地方自治体は次の感染拡大に備えて何かやっているのだろうか。そのあたりが、どうも心もとない。

 衆院選の争点はまず「コロナ対策」と「経済対策」だったはずだが、自民党も維新もそんなことさっさと忘れて「憲法改正」などと言いだしている。国民のどれだけが、今この時点でそれを求めてるんだ? この調子だと、感染大六波の対策もまた後手後手になりそうだなぁ……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中