北朝鮮の危機というフィクション

 今朝のニュースは9月に解散総選挙があるらしいとの話で持ちきり。民進党は新体制になってからボロボロだし、安倍内閣の支持率は再び上昇しているので、「今なら選挙をしても勝てる!」ということなんでしょう。

 ここまで各媒体が早期解散を書き立て報じているなら、間近の解散はもはや既定路線なんでしょうね。政権中枢の、かなり信頼できる筋から、情報が各社にリークされているんだと思います。

 しかし北朝鮮からミサイルが飛んでくるとか、北朝鮮で戦争が起きるかもしれないと言っている中で、選挙ですか? うへへへへ。大笑い。

 要するにこれって「北朝鮮危機」とやらが、実際には危機でも何でもないという証拠でしょう。北朝鮮有事が本当に迫っているなら、悠長に選挙なんてやってられないよ。北朝鮮の危機が実際にはそれほど差し迫ったものではないという認識があるからこそ、今こそ選挙だという気にもなる。

 まったく、語るに落ちるとはこのことだよ。

 結局のところ、北朝鮮危機なんてものはフィクションなのだ。官民揃ってフェイクニュースを捏造しているようなものだよ。安倍内閣がやっているのは、ありもしない北朝鮮危機とやらをあおって政権の支持率を引き上げ、選挙で勝って憲法改正でもやろうか……ということなんでしょう。

 しかし国民の多くは選挙になれば、やっぱり自民党候補に投票してしまうんだと思う。首相や閣僚が全国を飛び回って「北朝鮮の危機が迫っている中で野党に政権を渡せない!」などとがなり立てれば、なるほどそうかとうなずいて自民党に票を投じるわけです。

 北朝鮮のミサイル危機が起きたことで、安倍内閣を悩ませていた森友問題も加計問題もトップニュースから消えてしまった。安倍首相は北朝鮮に足を向けて寝られないでしょうね。まったく何という強運の持ち主か。しかしこうした「運の強さ」も、政治家の実力のうちなんでしょう。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中