『エクソダス:神と王』を観たよ!

エクソダス:神と王

 『エクソダス:神と王』の感想をTwitterに連続投稿してtogetterでまとめを作ったのだが、途中に漢字の誤変換が何ヶ所かあったので、それを直したものを作りました。これの他に映画瓦版にも感想を書いてます


 『エクソダス:神と王』を観て来た。『十戒』や『プリンス・オブ・エジプト』などと同じ出エジプトの物語を、リドリー・スコットが映画化した歴史スペクタクル映画です。今さら聖書もの? いやいや、これがなかなか面白かった。
foxmovies-jp.com/exodus/

 『エクソダス:神と王』は映像的にも当然面白いのだが(僕は3Dで鑑賞)、それ以上に「信仰の葛藤や矛盾」を描く現代の物語になっていると思う。超自然的な奇跡の物語であると同時に、そこに息づく人間たちが生々しいのだ。 #エクソダス見た

 例えば主人公のモーセは、当初無神論者のような人物として登場する。エジプトの王族として育った彼は、王や神官たちが真剣な顔で行う占いの儀式を冷ややかな目で見ている。目で見たものしか信じない、合理主義者なのだ。 #エクソダス見た

 モーセの態度は彼がエジプトを追放されてからも同じ。ミディアンの地で祭司の娘ツィポラと結婚して子供が産まれても、一族の信仰を冷ややかに見ている。「あれが聖なる山? くっだらねえ!」みたいな感じ。 #エクソダス見た

 一族の信仰を夫に批判されたツィポラは激怒。「息子が神を信じない人間に育ったらどうするの?」「神を否定せずに、それを信じる道も子供に用意しておくべきだ」と言う彼女は、アメリカならどこにでもいる普通のキリスト教徒みたいなものだと思う。 #エクソダス見た

 モーセはその「聖なる山」での神秘体験をきっかけにエジプトに戻るのだが、かつて夫に「神を否定するな」と言っていたツィポラがこの時は「あなたは頭を打って幻を見たのよ」などと合理的に解釈するのが面白い。さらに「あなたが見たのは神ではない」とさえ言う。 #エクソダス見た

 かつてエジプトで一番の将軍だったモーセは、同胞たちに呼びかけてゲリラ戦を展開。エジプトの軍隊相手に戦っても多勢に無勢で勝ち目がないので、市民生活を脅かして王に圧力をかけようとする。でもこれって、テロリストの論理ですがな……。 #エクソダス見た

 ヘブライ人のテロに対してエジプト王は、見せしめの処刑と、ヘブライ人居住区の無差別殺戮で対抗する。ヘブライ人居住区に突入した軍隊が、手当たり次第に人々を虐殺していく。これもまた、今なお世界各地で見られる光景。 #エクソダス見た

 ゲリラ戦を戦うモーセの前に現れた神は、「そんなやり方じゃ自由になるのに一世代かかるぞ」と言う。モーセは「そのつもりだ!」と答える。これもまた今なお世界中のあちこちで見られる光景だろうが、モーセのゲリラ戦のくだりではどうしても現在のパレスチナを連想する。 #エクソダス見た

 貧しいヘブライ人居住区の様子は、古代のエジプトというより、現在も世界各地にある低所得者たちのスラムにそっくりだ。『エクソダス:神と王』は、今現在の世界が紀元前1300年の世界に投影されている。 #エクソダス見た

 エジプトによる強制労働の末に死んだヘブライ人たちの死体が野積みにされ、それが次々火の中に投じられる場面はアウシュビッツみたい。ヘブライ人はユダヤ人の祖先なわけで、ここでは3000年以上の時を超えるユダヤ人の苦難が描かれる。 #エクソダス見た

 でも同じような大迫害はユダヤ人以外にも起きている。日本人だって終戦後にシベリア抑留でひどい目にあった。強制労働を強いられた抑留者たちは、かちんかちんに凍り付いた仲間の死体を野積みにし、春になってそれが溶けて腐ってくるとガソリン撒いて焼いたそうだ。 #エクソダス見た

 『エクソダス:神と王』が描いているのは紀元前1300年のエジプトではなく、現在我々が住んでいるこの世界なのだ。だからそこで生きている人間たちも、現在の我々と変わらない。モーセの無神論も、ツィポラのある意味で世俗化している信仰も、現在ありふれたものだろう。 #エクソダス見た

 『十戒』のチャールトン・ヘストンに比べると、『エクソダス:神と王』のクリスチャン・ベールは悩みが深い男だ。自分が神のために働いているという確信はある。だが自分の行動のすべてが、神の意に沿っているとも思えない。 #エクソダス見た

 エジプトを脱出したモーセが進むべき道に迷う場面は、ひょっとするとこの映画のハイライトなのかもしれない。「この道を行けと神は命じているのか?」と問うヨシュアに、「そうだ。この道で間違いない」と答えるモーセ。でもそこに神はいない。これはモーセ個人の考えなのだ。 #エクソダス見た

 モーセは最後まで合理主義者で、自分の理性的な判断を頼り続ける。「自分は神に守られているから大丈夫」とか「最後は神が何とかしてくれる」と信仰の上に開き直れないのだ。 #エクソダス見た

 リーダーは悩むが、石に刻まれた言葉は悩まない。人々はやがて石の言葉に従って歩む。石の言葉は何があっても揺らがず、動じず、悩んだり葛藤したりすることもない。それに従うことに、人は安心を覚えるだろう。だがそこにもう、神はいないのだ。 #エクソダス見た

 映画の中でヨシュアの父ヌンを演じていたベン・キングズレーは、1995年のテレビ映画「モーセ」でモーセを演じたことがある。これはダイジェスト版が日本でもDVD発売された。 #エクソダス見た

 昨年の『ノア 約束の舟』も旧約聖書の物語だったが、「神の声を聞いた男の葛藤」という点では共通点がある。チャールトン・ヘストンの時代と違って、現代人は「神が望んでいる」「神の命令だ」では素直にそのまま動けないのだなぁ。 #エクソダス見た

 世界では「神の命令だ」で残虐行為を平気で行うイスラム国の台頭が問題になっている。『エクソダス:神と王』はそうした時代の中で、「信仰とは何か」を問う作品になっていると思う。 #エクソダス見た

 『エクソダス:神と王』は面白い映画なのだが、先行する『十戒』や『プリンス・オブ・エジプト』に比べるとドラマが弱いと思う。それは「エジプトVSイスラエル」という葛藤ではなく、モーセの内面的な葛藤に焦点が当てられているからだろう。 #エクソダス見た

 外面的なドラマは「エジプトVSイスラエル」なのだが、エジプトで王族の一員として育ったモーセにとっては、エジプト人もまた自分の同胞なのだ。この映画では「モーセ率いるイスラエルとエジプトの対立」とういう対立が生まれない。 #エクソダス見た

 モーセ時代のエジプト王はラムセス2世というのが『十戒』以来のお約束で、今回の映画もそれを踏襲している。映画ではラムセスが一粒種の我が子を失って嘆くのもお約束なのだが、実際のラムセスは大勢の妃と側室の間に、111人の息子がいたらしい(娘は69人)。 #エクソダス見た

 ラムセス2世は建築マニアで、新しい都や神殿を次々に作った。(その様子は今回の映画にも登場する。)この大規模建設作業に、ヘブライ人の奴隷が大量動員されたと考えられている。 #エクソダス見た

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画 タグ:

エピソード主義について

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

 数日前から「全聾の作曲家にじつはゴーストライターがいた」という話題がマスコミで盛り上がっていて、僕はこれではじめて佐村河内守という作曲家の存在を知った。今日はそのゴーストライターに取材した雑誌記事が週刊文春に出て、本人の記者会見もあったとのこと。僕はどちらも見ていないのだが、記者会見の様子がネットに全文掲載されていたのでそれを読んだ。正直あまり面白くない。こういうのはきれい事ばかりで、人間的な葛藤だの欲望だのというものは、あまり表に出てこないからね。

 この問題から僕は日頃考えている「エピソード主義」について、あれこれとTwitterに投降したので、Togetterで簡単にまとめておく。

 午前中は昨日観た映画の映画評を書いた後、雑誌の記事を書いてしまう。明日が入稿の締め切りなので、今夜全体を見直して、できれば今夜中、遅くとも明日の早い時間に入稿してしまうつもり。

 午後は試写2本。1本目はベルギー映画『オーバー・ザ・ブルースカイ』。原題が『The Broken Circle Breakdown』なのに、なぜこんなカタカナの邦題が付くのかは謎。ブルーグラス(カントリーミュージックのジャンルのひとつ)バンドで活躍する夫婦の出会いから別れまでを描く、音楽たっぷり、笑いと涙が山ほど盛り込まれたドラマ作品。映画は2階建て構造で、1階部分が難病もの、2階部分が夫婦の再生ドラマ。いろいろな意味で、観ていてひどく身につまされた作品だった。

 2本目は『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』。「あなたに1万ドルの宝くじが当たりました」という雑誌広告の文句を真に受けて、モンタナのビリングスからネブラスカの州都リンカーンまで歩くと言い出す父と、仕方なく父をリンカーンまで送ることにした息子の旅。監督は『アバウト・シュミット』のアレクサンダー・ペインで、この映画も『アバウト〜』同様のロードムービー。旅の内容がろくでもないという意味でも『アバウト〜』との共通点は多いと思う。ブルース・ダーンが素晴らしかった。

若返ったジャック・ライアン

エージェント:ライアン

 午前中はガス屋さんが来て給湯器の修理。しばらく前から湯沸かし器のお湯がぬるくなってシャワーが使えなかったのだが、なんでも給湯器内部で湯と水を混ぜるバルブが故障していたそうで、部品を交換して修理完了。出張修理費で18,000円ぐらいかかった。

 「もう給湯器自体が古いので、交換時期になっているんだと思います」とガス屋さんは言うのだが、全取っ替えとなれば大きな出費なので、まあ少しずつ、だましだまし使うのだ。でも内部の基板がダメになるともう全取っ替えになるらしいけど。さて、あと2年使えるのか、5年使えるのか……。

 午後は試写2本をはしご。1本目は京橋で『そこのみにて光輝く』。函館を舞台にした暗い人間ドラマだが、すごくいい映画。綾野剛の荒みっぷり、堕ちてなお輝きを失わない池脇千鶴、菅田将暉のイノセンス。映画の雰囲気が以前観た『海炭市叙景』に似ていると思ったら、原作者が同じなんだな……。

 2本目はパラマウントで『エージェント:ライアン』。トム・クランシーのジャック・ライアン・シリーズ最新作なのだが、これはクランシーの原作からキャラクターだけ借りたリブート作品。ストーリーはオリジナルだ。クリス・パインのライアンは、これまでのシリーズで一番若い。彼は同じパラマウントで『スタートレック』シリーズにも出演しているが、そちらは頭脳派ではなく情熱型のヒーローだった。要するにオバカっぽいという意味。今回はそれとまったく逆の頭脳明晰型で、俳優として演じられる役の幅を広げている。

 上司役のケヴィン・コスナーが渋い。刑事ドラマにおける「老刑事と新人」のコンビだが、コスナーの貫禄がこの映画を一段リッチなものにしていると思う。たぶん続編も作ってシリーズ化していくんだろう。今回はそのセットアップ作。パイロット版みたいなものだが、面白かった。

ドキュメンタリーを2本

IMG_7302

 午前中は電子書籍用の原稿をいくつか作っていた。電子書籍についての本の第2稿を作る作業もあるが、それと並行してメルマガのアーカイブ作業。聖書&キリスト教ナビゲーターの2010年と2010年の発行分は「聖書&キリスト教ナビゲーター 2010-2011」として1冊にまとめてあるのだが、2012年と2013年の2年分が手つかずになっている。原稿自体はあるので、これをまず片付けてしまおうというわけ……。

 ただメルマガはテキストで発行しているので、行末に一定の文字数(35文字)ごとに改行を入れている。これを全部はずす作業がちょっと面倒なのだ。ひょっとしたら今は、メルマガを発行するときに改行なんていらないのかもしれないけどね。

 この作業があまりにも面倒なので、今年の分からはメルマガ発行直前、最後に行末改行を入れる直前に、アーカイブ用のワープロ原稿に最新号のテキストをペタペタ貼り付けていくことにした。(映画評の記事については今年から実施済み。)1年が終わった時点で、自動的に電子書籍用の原稿も本文が出来上がっているわけだ。まあその後に、目次を作ったり表紙を作ったりという作業はあるわけだけど。

 午後は試写を2本。今日はどちらもドキュメンタリー映画だ。1本目は松竹で『パンドラの約束』という原子力発電についての映画。原発反対の立場で作られているわけではなく、原発反対から賛成に寝返った(?)人たちを取材した作品だ。これは面白いぞ。

 2本目は渋谷の映画美学校試写室で、北朝鮮の映画学校や撮影スタジオを取材した『シネマパラダイス★ピョンヤン』。僕は某映画専門学校で数年だけど非常勤講師をしていたこともあるので、この映画は興味深かったな。北朝鮮では映画学校は難関で、学生たちはエリートなのだ。

 新しい映画瓦版は作品のあらすじを400字にまとめているので、物語というものがないドキュメンタリー映画はどうしようかなぁ……と思っていたらいきなりこれです。さて、どうしようか。それはこれから考えます。

映画|オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

13010701  南カリフォルニアの小さな町ピコムンドで暮らすオッド・トーマスには、子供の頃から不思議な能力がある。それは死んだ人の霊や、間もなく起きる凄惨な死の現場に群がるボダッハという悪霊が見えること。だがこのことは幼馴染みの恋人ストーミーと、警察署長のワイアットしか知らない。ふたりはオッドのよき理解者だ。

 オッドはある日、大勢のボダッハを引きつれた中年男を見かける。彼の周囲で間もなく大きな惨劇が起きるのだ。友人ヴァイオラが見たという夢も、間もなくこの町で大量殺戮が行われることを確信させた。オッドは「キノコ男」と命名した例の中年男を尾行し、その住まいを突きとめる。なんとそこには大量のボダッハが巣くい、犯罪資料がごっそりと整理保管されていた。やはりここから何かが起こるのだ。カレンダーから抜き取られている8月15日のページは、間もなくやってくるその日に何かが計画されている証拠なのだろうか……?

(原題:Odd Thomas)

1月10日(金)新宿バルト9ほか

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画 タグ:

映画|アイドル・イズ・デッド

アイドル・イズ・デッド 地方都市のせこいキャバクラでキャバ嬢をしているルイは、かつて歌手を目指して東京で少しだけ仕事をしていたことがある。そんなルイが仕事帰りにばったり出会ったのは、東京時代の先輩モモコと仲間たち3人組。彼女らにからまれたルイは3人を殺してしまうが、それを隠蔽するため彼女らに成りすましてイベントに参加することになる。だがこれに味を占めたルイたちは、アイドルとしての活動を続行。グループ名を「BiS」に改めて、本格的な活動を決意。アイドルの登竜門と言われる怪しいイベント会場でライブを行うのだが、そこに現れたのは死んだはずのモモコ先輩だった……。

 昨年末に観たBiS主演の異色アイドル映画『アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロバガンダ大戦争』の前編にあたる作品。2012年にMOOSIC AWARDS 2012の観客賞を受賞し、その後BiSのアルバム「IDOL is DEAD」に特典として添付されているのと(たぶん)同じものだが、今回続編映画の公開に合わせて、映画のDVDとBlu-rayが単品発売されるらしい。『ノンちゃんのプロパガンダ大戦争』もかなりの低予算映画だったが、『アイドル・イズ・デッド』はそれ以上にショボい。これと比べると『ノンちゃん〜』が超大作に見える。出演者の数も多いし、上映時間も長いしね……。

 『SR サイタマノラッパー』シリーズに通じるローカル色たっぷりのインディーズ映画なのだが、企画の直井卓俊は『SR サイタマノラッパー/ロードサイドの逃亡者』の協力プロデューサーでもあるとのこと。加藤監督の前作『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』に主演しているのは『SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~』の山田真歩。そういう意味では同じ系統の血が流れている映画なのかもしれない。(この規模の映画が、ごく狭い映画製作コミュニティの中で作られているということかもしれないけどね。)

1月8日(水)DVD発売

■公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画 タグ:

映画|スノーピアサー

13122603l 地球温暖化対策が裏目に出て一気に氷河期に突入した近未来の地球。世界は凍り付き、あらゆる生命は死滅した。スノーピアサーと呼ばれる列車に乗り込んだ者たちを除いて……。全長数百メートルになるスノーピアサーは地球を1年で1周する豪華鉄道。だがノンストップで走り続ける列車の中は、歴然とした階級社会になっている。先頭車両に陣取る男は神であり、最後尾の車両にいるのは人間以下の奴隷たちなのだ。ある日この奴隷たちが、先頭車両に向かって反乱を企てる。反乱のリーダーとなったカーティスは、やがてこの列車に秘められている秘密を知る事になる。

 ポン・ジュノ監督のSFアクション映画。雪景色の中を列車ノンストップで走り抜けていく映画といえば黒澤明の脚本をアンドレイ・コンチャロフスキーが監督した『暴走機関車』だが、『スノーピアサー』は列車を舞台にした近未来ディストピアSFだ。列車は近未来のノアの箱船だが、これ自体が現代の世界のメタファーになっている。貧しさと暴力の中で常に生命の危機にさらされている人々と、彼らの存在を知りながら援助の手を差し伸べず、自分たちの豊かさを満喫している乗客たち。これは発展途上国と先進国の関係そのものだ。

 キャスティングがかなり豪華。エド・ハリスは最後の方に少し登場するだけだが、カリスマ性と威厳があって一瞬にして映画を支配してしまう。しかし一番驚いたのはティルダ・スウィントン。メイクもすごいけど、本人が乗りに乗って演じている様子が伝わってくる。

(原題:Snowpiercer)

2014年2月7日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb ■映画瓦版

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画

映画|グランドピアノ 狙われた黒鍵

13122602l 天才と言われる才能を持ちながら、演奏会でのミスがトラウマとなって演奏活動から遠ざかっていた男が、5年のブランクを経て再び表舞台に戻って来た。だが演奏用の楽譜には、彼に対する脅迫メッセージが書き込まれていた。客席のはるか後方からレーザー照準付きライフルで彼を狙う脅迫犯は、ピアニストにある楽曲の演奏を強要する。それは5年前に演奏に失敗した問題の曲。しかもライフルで脅迫されながら、1音のミスもなく演奏しきらなければ殺すというのだ……。

 イライジャ・ウッドが天才ピアニストに扮し、1時間半の映画のうち半分以上は演奏シーンという大変な映画だ。こうした映画では俳優がどうやってピアニストらしく演じるかが見どころになるのだが、この映画のイライジャ・ウッドはちゃんと演奏しているように見えるのが立派。

 映画の序盤では楽曲以前に、楽器にまつわるさまざまな「音」が映画的にクローズアップされている。オーケストラの楽団員が楽器を持ち上げるときの音、弦楽器の弦を指で押さえる時に発する音、ピアニストが神経質そうにピアノの縁を指先でたたく音……。ピアノの中ではキーを叩くのに合わせてメカニカルな装置が動き、最後はハンマーが張り詰めたピアノ線を叩く。こうした一連のプロセスも、すべて映画終盤への伏線になっている。

(原題:Grand Piano)

2014年3月8日(土)新宿シネマカリテ

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb ■映画瓦版

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画

映画|キック・アス ジャスティス・フォーエバー

13122601l 2010年のヒット作『キック・アス』の続編。とはいえアーロン・テイラー=ジョンソン演じるキック・アスは狂言回しで、今回の主役は完全にクロエ・グレース・モレッッツ演じるヒット・ガールなのだ。ヴィラン道まっしぐらのレッド・ミスト改めマザー・ファッカーも今回は完全に脇に追いやられている。ニコラス・ケイジのビッグ・ダディが退場したことで新たなリーダー格の大人として登場したジム・キャリーも、もう少し活躍してくれてもよかったんだけどなぁ……。

 1作目もそうだったが、仮面のヒーローは現実の世界では生きていけない。しかし仮面のヒーローとして育てられたヒット・ガールには、それ以外の生き方ができない。新しい保護者になった亡父の親友マーカスから「普通の女の子として生きる道を探せ」と言われても、彼女にとっては仮面の女殺し屋ヒット・ガールとしての生きることこそが自然で普通なのだ。彼女はありのままの自分でいることを、社会から拒絶されている。そこに彼女の悲劇性がある。

 原題はシンプルに『Kick-Ass 2』なのだが、邦題が『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』という長ったらしい物になっている。こういうタイトルは、後から振り返るとどれがどういう順番だったかわからなくなるので、できれば普通に「2」とか「3」の方がいいと思うんだけどな。

(原題:Kick-Ass 2)

2月22日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb ■映画瓦版

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画

映画|アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争

13122503l なんだか大変な物を観てしまったなぁ……という感じなのだが、こういうはちゃめちゃな部分に僕はむしろ今後の映画の可能性を感じる。こういう無茶が、映画ではまだできる。映画はまだまだ自由だ。

 メンバーの逮捕で活動休止状態になっていたアイドルグループBiSだったが、唯一残ったノゾミはアイドル養成所を作って他の2人が戻ってくるのを待っていた。だが拘置所内で洗脳療法を受けたプー・ルイは、原発宣伝と反対派暗殺を任務とするアイドルグループ、エレクトリック★キスのメンバーになってしまった。拘置所に残っていたユフは暗殺の危険から逃れるために脱走してノゾミに合流。エレクトリック★キスが出演するアイドルフェスに潜入するため、新メンバーのミッチェルを加えて会場に乗り込んでいくのだが……。

 話はデタラメだが、このデタラメさがいい。圧巻なのは終盤のライブシーンで、この会場との一体感、グルーブ感はただごとじゃない。なんにせよ楽しい映画。BiSなんてぜんぜん知らなかったけど、YouTubeであれこれ検索したらこれまた大変なことになっていたよ。

1月11日(土)〜1月24日(金)テアトル新宿

公式サイト ■予告編 ■公式Twitter ■公式Facebook ■IMDb ■映画瓦版

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 映画