映画を観るのは平日に限る

日比谷交差点
Apple iPhone 8 ƒ/1.8 1/381 3.99 mm ISO 20
賁の坤に之く

 本日の卦は、賁(ひ)の初三上爻変。陽爻が全部陰爻になって、賁の坤(こん)に之く。変爻が三つなので、今日は爻辞は見ない。

 賁は、亨る。少しく往くところあるに利ろし。

 坤は、元いに亨る。牝馬の貞に利ろし。君子往くところあるに、先んずれば迷い、後るれば主を得。西南には朋を得、東北には朋を喪うに利ろし。貞に安ずれば吉なり。

 坤の卦辞は長い。易経の中でも、すべて陽爻で構成された乾と、すべて陰爻で構成される坤は特別な卦。これが易の示す世界の両極で、アルファにしてオメガ、AからZ、0から無限大。この世のあらゆる物事は、すべて乾と坤の間に含まれている。

 乾と坤のどちらが優れているというわけではない。乾は天を表し、坤は地を表す。乾は男性的なものや原理を、坤は女性的なものを表す。これは二元論であり、相対的なものだ。

 陰陽は共に太極から発し、やがて太極へと帰る。では太極とは何か。それは陰や陽といった可視的世界とは別の概念であり、人間の概念ではとらえることができない。

 天気がいいので自転車で会社へ。今日は水曜日でTOHOシネマズの割引き日なので、ネットで会社帰りの時間帯のチケットを予約した。今日は邦画で『流浪の月』だ。

 退社時間になったら即座に駐輪場から自転車を出し、日比谷に向かう。昨日は中央通り(銀座通り)や晴海通りを通って人混みに難儀したので、今日は鍛冶橋通りを西に進んで、馬場先通りから日比谷通りに出るルートにした。こちらの方がスムーズなので、少し遠回りしてもこの方が移動時間は少なくて済みそうだ。自転車は昨日と同じ、東京ミッドタウンの駐輪場に入れる。

 時間もないので、夕食は昨日に続いてコンビニでサンドイッチ。これをイートインで口に押し込んで、さっさと劇場ロビーへ。

 映画は面白かったし良かった。感想は土日に映画瓦版に書くことにする。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中