今日は雨を見込んで正解だった

銀座通り
OLYMPUS IMAGING CORP. XZ-2 ƒ/8 1/25 9.4 mm ISO 800
賁の屯に之く

 本日の卦は、賁(ひ)の三五六爻変。賁の屯(ちゅん)に之く。変爻が3箇所あるので、今日は爻辞は無視して卦辞だけ見る。

 賁は、亨る。少しく往くところあるに利ろし。

 屯は元(おお)いに亨(とお)りて貞(ただ)しきに利(よろ)し。往くところあるに用うるなかれ。侯(きみ)を建つるに利(よ)ろし。

 賁はかざるという意味。上辺をきれいに繕うこと。過剰なものを和らげ、弱い部分を補い、直接的なものを婉曲に表現する。それは嘘をつくことではなく、人間関係を円滑にする技術だ。強い毒も薄めれば薬になる。

 ただし、やり過ぎはよくない。薄めすぎた薬は、ただの水と変わらない。本質を失わず、それでいて他人に受け入れられるにはどうすればいいかを考えること。焦らず少しずつ進むことだ。

 屯は文字の意味からすれば、伸び悩むこと。たむろして前に進まないこと。卦辞は元亨利貞だが、前に進んではいけないと説く。他人をたてて、自分はその手助けに回ること。

 天気予報は夜から雨だと言っていたが、雨はもっと早くから降り出すと予想して、今日は自転車で会社に行くのはやめにした。これが大正解。昼休みはまだ降っていなかったが、夕方の帰宅時には降っていた。この中で自転車だと、それなりにずぶ濡れになるだろう。荷物も濡れて、ひどいことになったはず。

 自転車通勤を続けるコツは、無理をしないことだ。自転車で会社に通う理由は、ダイエットのためではないし(体重は増えている!)、電車代を節約するためでもない(駐輪場代だってかかる!)。自転車で会社に行くのは、自転車で通勤する方が楽しいからだ。無理をしてその楽しさが損なわれたら、元も子もないではないか。

 楽しい自転車通勤のためには、時間に余裕を持って出ることも大事。遅刻スレスレで会社に飛び込むようでは、安全確認が疎かになって危険だ。まあのんびりと行けばいい。途中でそこそこスピードを出すこともあるけど、それはその速度で走ることが快適だからスピードを出しているだけで、急ぐことや競うことが目的ではないのだから。

 昼は昨日定休日だった京橋の「焼鳥つくね」で、焼鳥・はつ・ミックス重。850円。すごく美味しかった。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中