出かけようとしたら雨

Apple iPhone 8 ƒ/1.8 1/2183 3.99 mm ISO 20
履の益に之く

 本日の卦は、履(り)の二四爻。履の益(えき)に之く。

 虎の尾を履(ふ)むも人を咥(くら)わず。亨る。九四。虎の尾を履む。愬愬(さくさく)たれば終には吉なり。象に曰く、愬愬たれば終には吉なりとは、志行なわるるなり。

 履は「ふむ」という意味。虎の尾を履むような危険なことをしても、危害を受けることがないという卦。九四の爻辞は卦辞と同じ事を再度繰り返す。虎の尾を履むような危険なことをしても、恐れおののいて身を正せば最後は良い結果を生み出す。

 益は往くところあるに利ろし。大川を渉るに利ろし。

 今日は外出するつもりだったが、天気がはっきりしないので自転車が使えない。結局、クリーニング屋に汚れたシャツを出しに行くだけで終わってしまった。今日の収穫は、かわりに受け取ってきた洗ったシャツ。

 何するでもなく家にいるので、何するでもなくSNSに書き込みをしたりする。SNSに新たな知見があるわけでもないのだが、時間は潰れていく。

 こんなことしているなら、本当は映画に行くべきなのだろうが、最近はしばらく映画から遠ざかっている。結局4月中は一度も映画に行かなかった。ネット配信はAmazon Prime VideoとNetflixが利用できるが、僕は配信で映画を観ることがないので、これらでも映画を観ることがない。

 NetflixやAmazonは、僕にはアニメを見るチャンネルになっている。「SPY×FAMILY」「パリピ孔明」「その着せ替え人形は恋をする」などを少しずつ見ている。

 どれも原作マンガを読んでいるが、「SPY×FAMILY」は原作の方が面白く感じる。アニメにして、スピード感や切れ味が鈍くなっているような気がする。「パリピ孔明」は音楽ものなので、実際に音楽を流せるアニメの方が面白い。

 「その着せ替え人形は恋をする」は、僕にとってはまさかのアニメ化だった。これはコスプレイヤーの女子高生と彼女を衣装作りでサポートする男子高校生が主人公のラブコメだが、彼らがやろうとしていることは、要するに2.5次元の世界。マンガやアニメやゲームなどの2次元世界を、いかにして現実の衣装に落とし込んでいくかというノウハウマンガの要素もある作品だ。

 それをアニメにしたら、2Dの世界が2.5次元になって、再び2Dの世界に戻ってしまう。人気コミック作品だからアニメ化は順当なメディア展開ではあるのだろうが、これは3次元の実写作品として見てみたい作品だと思う。

 明日こそは、どこかに出かけたい。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中