教会行く、タンメン食う、映画観る

豊洲から東京湾を見る
Google Pixel 3a ƒ/1.8 1/7823 4.44 mm ISO 58

 早くに目が覚めたので、昨日書きかけのまま寝てしまった『最後の決闘裁判』の感想を書き終えて映画瓦版にアップ。

 晴れているので自転車で教会に行くことにし、今日は日本基督教団砂町教会へ。日本基督教団は戦時統合という歴史的な経緯があって寄り合い所帯なのだが、ここは旧日本基督教会の伝統を色濃く残した教会だった。流れとしては改革長老派。

 礼拝出席人数は僕も入れて10人ちょっと。まあこんなもんでしょう。

 礼拝のあとは近くの街中華でタンメン。最近はタンメン専門店やタンメンを看板にした店も多いのだが、普通の街中華のタンメンが一番落ち着く。味も値段も普通でいい。普通に美味しいのがタンメンのいいところだと思う。

 ところで、街中華と中華料理店とラーメン店の違いは何か?

 僕の定義だが、街中華は中華を中心にした街場の食堂だ。ラーメンや中華丼、麻婆豆腐や海老チリといったメニューと並んで、カレーライスやカツ丼があったりする。昔はこういう店が多かった。でも今は流行らない。いや、昼時などは十分に流行っているのだが、今からこうしたタイプの店を開店しようとする人はあまりいないと思う。

 今はラーメンならラーメン、中華なら中華で本式にやるのが普通で、ラーメンと一緒にカレーライスも出すような店はダメなんじゃないだろうか。街中華の多くは高齢の夫婦で営業していたりするので、たぶん今後どんどん減って行くと思う。

 高齢化廃業という点では、教会と似てるな……。

 途中で砂町銀座を通ったのだが、以前に比べるとシャッターが下りっぱなしの店舗が増えているような気がした。ちょっと心配。

 食事のあとは映画を観に行った。夕方から大河ドラマを見たかったので、その前に観られそうな『リスペクト』にした。これは十分に面白かった。観てよかった。帰宅後、これは早速感想を書いてしまうことにする。間に何日も開けると、やはり感想の鮮度が落ちるのだ。映画は観たらすぐ感想を書くに限る。なかなかそうできないことも多いのだけれどね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中