五目そばという謎メニュー

Google Pixel 3a ƒ/1.8 1/60 4.44 mm ISO 243

 朝から雨だったので駅までは歩き。先日ルートを確認していたので、今日は東池袋からハンズまでサンシャインシティの中を歩いた。濡れずにこれだけの距離が歩けるのはありがたい。

 雨は昼も降っていたが、中華屋さんでタンメン行脚。メニューに「五目タンメン定食」というのがあったので注文してみたが、これは「五目そば」としか思えない。醤油味のスープに、あんかけ状にとろみを付けて炒めた野菜がたっぷり載っている。

 美味しい。それには文句がないのだが、これは僕が食べたかった「タンメン」ではないなぁ……と思った。同じ店のメニューに「野菜タンメン定食」というのもあるので、次はそれを食べてみようと思う。たぶんこの店の「タンメン」は「湯麺」なのだ。中華料理のスープ麺はタンメン(湯麺)だ。そう考えれば、五目タンメンが五目そばでも不自然ではない。

 ところで今思ったのだが、ラーメン屋に五目そばがあるのも東京だけか? そうとも限らないか……。

 あまり気にしたことがなかったけど、考えてみればラーメン屋で「そば」と名乗って堂々と中華麺を出すというのも、不思議なメニューだと思う。中華そばに並んで五目そばなら何となくわかりそうだが、ラーメン、チャーシューメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、タンメンなどに並んで五目そばというのは不思議な風景かもしれない。

 五目そばは五目そばとしか言えないもので、これは五目ラーメンではないのだ。そもそも日本そば屋には五目そばなんてない。あまり気にしていなかったが、五目そばタンメン以上に見かける機会が少ないような気がする。ひょっとすると、街中華の中でも絶滅危惧メニューなのではないだろうか? そう思うと、がぜん気になってくる。今度どこかで見かけたら注文するようにしようと思う。

 でも、優先順位としてはタンメンが一番なんだけど……。

 帰りは雨も上がったが、自転車で出ていないので駅からは徒歩で帰宅。明日は映画でも観て帰ろうかな。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中