月島で夏木マリスペシャル

Google Pixel 3a ƒ/1.8 1/60 4.44 mm ISO 311

 山梨からブドウを送るという連絡が昨日あり、今日午前中が受け取り日。先日送ってもらった巨峰は余らせてしまってもったいないことをしたので、今回のシャインマスカットは最初から少し取り分けて配ることにした。荷物は10時過ぎには届き、立派なブドウに惚れ惚れする。

 午前中は先日観た映画『これは君の闘争だ』の感想を書いて映画瓦版を更新。

 昼食を簡単に済ませたあと、近所のスーパーで買い物。トイレットペーパーとかトイレの洗剤とかインスタントコーヒーとか、今すぐ必要というわけではないけれど、ストックが切れているものを中心に買ってきた。

 ブドウを受け取る人が来たので、家に上げて少し話す。この間に雨が止んで青空が見えてきた。ブドウを手渡して駅まで送り、僕は昨日ペダルを交換した折りたたみ自転車birdyで近所をひとっ走り。気持ちいいのであっという間に10キロぐらい走ってしまった。これがスポーツ自転車の楽しさだ。

 birdyはよく走る折りたたみの小径車だが、当初期待したほどのスピードは出ないというのが僕の結論だ。普段使いしているサブナードスポーツがそれなりによく走るので、スピードに関してはこれとさほど差が出ない。サブナードスポーツも時速30キロぐらいは出てしまうのだ。

 名古屋にいるときは、サブナードスポーツで名古屋から犬山に出かけたりした。片道30キロ。もともとは通勤通学用の軽快車だが、そのぐらいは走れてしまう自転車でもある。

 birdyを購入した時はサブナードスポーツに比べて劇的に変化することを期待したが、結果としてはさほどの差が出なかったのは前記したとおり。それでも僕はこのbirdyで、蒲郡まで往復110キロとか、彦根まで80キロとかを乗りこなしたのだ。これはさすがに、サブナードスポーツで出かけようとは思わない距離だ。

 自転車としての性能差はさほどないように思うが、birdyにはサブナードスポーツにはないスポーツ自転車の楽しさがある。これはこれで捨てがたい。

 というわけで突発的な近距離ポタリングを楽しんで帰宅すると、来ていたTシャツには泥はねの汚れがくっきり。雨は上がっても水たまりなどは残っているのでこういうことになる。あわてて着替える。

 夕方6時に月島の西仲商店街でブドウの相手と落ち合い、西仲の「もんじゃ麦」で夕食。「午後7時ラストオーダー。8時閉店です。アルコールはありません」とのことだった。どこも苦労しているなぁ。西仲には膨大な数のもんじゃ屋があるが、麦は僕が佃に住んでいた頃からある古い店だ。以前は路地の中にあったが、今はきれいなビルの1階テナントになっている。

 もんじゃは麦スペシャルと「夏木マリスペシャル」というのを注文した。麦スペシャルは、具だくさんのミックスもんじゃで、熱した鉄板の上で具を炒めるときから、猛烈に美味そうなにおいがする。そして実際に美味い。しかしこれより美味かったのは夏木マリスペシャル。なぜ夏木マリなんだろうか。これは明太子、チーズ、キムチ、納豆などがトッピングされている。明太チーズはもんじゃでは定番だが、そこにキムチと納豆の旨味もプラスされる。これは今まで食べたもんじゃの中でもトップクラス。まあ、そんなにもんじゃを食べてるわけでもないのですが……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中