近所のベトナム料理店を開拓したい

OLYMPUS CORPORATION E-M10 Mark III ƒ/5.6 1/80 42 mm ISO 1600

 書いていない映画評が溜まっているので、午前中はそのための準備をする。なんでもそうだが、単純作業というのは溜めてしまうと処理が厄介になる。「映画瓦版」の場合、映画評を書く前にやっている作業は次のようなものだ。

  • テンプレートを複製して名前を修正
  • タイトル、公開日、鑑賞方法、配給会社、上映時間などのデータを書き込む
  • 作品のチラシかポスターの画像をネットで探してリサイズ
  • 画像データをWordPressのサイトにアップロード
  • 関連商品をAmazonで探してリンクを作っておく

 Amazonのリンクは何となく習慣で行っているのだが、アソシエイトサービスからの売り上げは近年ほとんどない。これは「映画瓦版」へのアクセス数がかつてほどないこともあるだろうし(昔は毎日5千件くらいアクセスがあったけど、今はその数十分の1だ)、今はネットユーザーの中から、アソシエイトサービスのリンクをたどって商品を買うという習慣がなくなってきているのかもしれない。

 手つかずだった映画評が5本あったので、今日は上記の作業をするだけで結構時間を食ってしまった。それでも『キャラクター』『モータルコンバット』の感想は書いてアップロード。残念ながら残り3本は明日の作業になる。

 今日は午前中から晴れて蒸し暑くなり、窓を全開にしていても空気がベタベタしている。我が家のエアコンは今のところ1台きりなのだが、これでどの程度部屋が冷えるものか確認するため、窓を閉め切ってスイッチを入れる。多少冷えるけど、クーラーのある部屋以外は気休め程度にしかならない。やはり夏本番を迎える前に、各部屋にクーラーを入れるべきだろうか。

 昼は近くのベトナム料理店でランチ。外に出たらすごく暑い。その中を自転車こいで目的地へ。いやいや、参った。入ったのは「ddsk SAIGON kitchen」という店。先日入った日本橋のベトナム料理店「でですけサイゴンキッチン」の姉妹店だ。

 日本橋の店は美味しくて満足だったのだが、我が家からだとちょっと遠く、店も狭いのが気になった。他のついでがあれば別だが、わざわざランチのためだけに日本橋に行くのも億劫だと思った。そこで「うちの近くにもベトナム料理屋ぐらいは絶対にあるはずだ」という話になり、ネットで検索して探したのが、今日出かけた店だった。

 ランチタイムでメニューが限られていたこともあるが、僕はちょっと物足りなかった。日替わりのフォーは野菜や薬味をたくさん入れて冷たく仕上げた夏向けの冷麺スタイルだった。冷やしたぬきとか、冷やし中華のフォー版みたいな感じ。これはこれで美味しいけど、ベトナム料理という感じではない。まあ、よく確認しないで注文したのも問題なんだけど。

 この店はテイクアウトメニューが充実しているので、近くのオフィスに勤める人が中食として利用するにはいいかも。

 江東区には他にも何件かベトナム料理店があるので、こんどはまた別の店も開拓してみようと思う。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

近所のベトナム料理店を開拓したい」への1件のコメント

  1. クーラーを買うのでしたら、ヤマダデンキだとまとめて買うとすごく安くなります。他のお店でも、まとめ買いやってるかもしれません。(一台以上という意味)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中