静かで冷たい独裁国家

 日本はもう何年も前から、独裁国家なんじゃないだろうか。ふとそんなことを考える。

 独裁者というと、ヒットラーやスターリン、あるいは毛沢東のように、権力を独占して反対者を粛清し、国民にも多くの犠牲者を出すようなイメージがあるかもしれない。

 だから現在の日本が独裁国家だと言えば、「現在の日本のどこにヒットラーやスターリンのような独裁者がいるのだ! どこに粛清があり、どこに虐殺があるのだ!」と反論されるだろう。

 でも独裁者は粛清や虐殺を行うから独裁者なのではなく、独裁者として権力を掌握した結果として、粛清や虐殺を行うようになるのだ。粛清や虐殺は独裁の条件ではなく、独裁のひとつの結果に過ぎない。

 もちろん日本は民主主義国家であって、国民には言論の自由も集会結社の自由も認められている。現在の政府が成立しているのは公正な選挙の結果であって、そこで大掛かりな選挙妨害や不正が行われた形跡もない。

 だとすれば、日本のどこが独裁なのか。もしも日本が独裁国家だとすれば、それは日本人が自ら望んで選択した独裁制であり、現在の選挙制度などが政権選択の方法として確保されている限り、それをいつ止めるかも日本人の望むままに選択できるはずだ。

 しかしそれでも、僕は現在の日本が独裁国家に思える。そこには少しの熱狂もない。ほとんどの国民の諦めと、冷笑に支えられた独裁だ。

 ネットの中は別として、僕は周囲に熱狂的な安倍自民党支持者など見たことがない。しかし野党に対する諦めと冷笑はしばしば見かける。これはテレビの中のコメンテーターなども同じだろう。

 「野党はダメだ」「反対ばかりで対案がない」「野党の批判はきれい事ばかりだ」など、その言葉の多くは紋切り型だが、日本人の多くはそれに慣れっこになってしまった。

 かく言う僕も似たようなものだ。安倍自民党はダメだと思う。あらゆる政策で、これといった成果を出せていない。何より、日本の景気が良くなっていない。低賃金のデフレ体質は変わらず、未婚化や少子化も止まらない。

 しかしだからと言って、現在の野党に政権担当能力があるとも思えない。それどころか現在の自民党内部に、安倍首相以外のリーダーをイメージすることもできない。

 日本は安倍首相という愚鈍な独裁者の下で、今後も低迷を続けるだろう。でもそれが、日本人の選んだことなのだから仕方ない。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中