イーチン・タロットを入手した

 易占用のイーチン・タロットを、いくつか購入してみた。イーチンというのは英語で易経のこと。イーチン・タロットは別名が易占カード、易タロット、イーチン・カード、イーチン・オラクル・カードなどとも呼ばれているが、要するに易経の六十四卦を64枚のカードにしたものだ。

 タロットと呼ばれていても、これは西洋のタロットカードとはまったく別のもの。「カード占い=タロット」というネーミングなのだろう。タロットカードや最近流行しているルノルマン・カードには伝統的な絵柄というものがあるのだが、イーチン・タロットにはそうしたものがない。さまざまなメーカーが、独自の絵柄を提案しているのが面白いと言えば面白い。

 共通しているのは六十四卦の象(陰陽6本の爻で構成されている大成卦の形)と、六十四卦のそれぞれに該当する数字(乾が1で未済が64になる)が印刷されていることだろうか。

 このイーチン・タロットを実際の易占に使用する方法だが、これも確定した占い方というのはないようだ。変爻は用いず卦辞しか見ないと書かれている本や解説がある一方で、イーチン・タロットに同封してある簡易解説書に各爻に該当する簡単な説明が書かれているものもある。

 とりあえず1枚引きだけでも、簡単な占いはできる。爻辞も占いに使いたいなら、1枚引きとサイコロを併用すればいい。本卦と之卦を出したいなら、カードを2枚引けばいいだけだ。これで2枚のカードの差分を見れば、変爻も割り出すことができる。

(ただしこの変爻にどの程度の意味があるのかは不明だ。カード2枚引きだと筮竹や擲銭法、サイコロなどでは出てくる「無変爻」がなくなってしまうわけで、これだけでもカード2枚引きが中筮法の代替策にならないことがわかる。)

 映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は冒頭にイーチン・タロットで実際に占いをする場面が出てくるが、登場するのは龍羽ワタナベさんという台湾で活躍中の日本人占い師と、彼女がプロデュースしたオリジナルの易占カード。映画を観る限りでは、カードを並べて2枚引きにしているようだ。(このカードも通販で購入できるのだが、僕はまだ持っていない。)

 僕が手に入れたイーチン・タロットはすべてAmazonで購入したのだが、カードを何種類か手に入れて触ってみた結果、自分としてはこれを使わないだろうなぁ……という結論に達しつつある。理由は面白味に欠けるからだ。

 どのような占筮法を取るにしろ、カードの山から特定のカードを引っこ抜いてきてそこに書かれている数字と易経の該当ページを見比べるという方法は変わらない。これがあまりにも簡便すぎてつまらない。また描かれている絵柄が自分の卦の解釈とうまくマッチングしないと、それも使いづらいカードになってしまう。中には易経と照らし合わせても、なぜそんな絵柄になるのか意味不明の時がある。

 こうしたカードは易占に初めて触れる人には親しみやすいかもしれない。つまりまったくのアマチュアには向いているのだ。またプロの占い師も、素早く結論が出るという意味で使う意味があると思う。映画『ママダメ』のように対面で占いをする場合などは、算木を並べたり紙にボールペンで線を引くより、きれいな絵柄の描かれたカードの方がイメージを喚起してくれるという意味もあるだろう。

 でも僕のように「趣味の易占」を楽しんでいるなら、イーチン・タロットは中途半端すぎる。絵は卦象の持つ豊富な情報を、一定の方向に狭めてしまうデメリットもある。というわけで僕はまたサイコロに戻ると思うのだが、他人に「わたしの運勢を占って!」などとお願いされれば、易占タロットも悪くないのかなぁ……と思っている。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中