イーチン・タロットについて

 ルノルマン・カードについて書いたので、僕がアマゾンで探していた本来の目的であるイーチン・タロットについても書いておく。

 イーチンとは「易経」のこと。イーチン・タロットは易経に示された六十四卦を、64枚のカードに印刷した易占用のカードだ。

 易占では本来、筮竹(ぜいちく)という木や竹の棒を使って占いをする。筮竹は長さ30センチぐいの細長い棒が50本セットになっているもので、これを手の中でジャラジャラとさばき、左右にパッと二分して、左手に持っている棒の数を数える。これを何度か繰り返して、ひとつの卦を出すわけだ。

 しかしこれは面倒くさいので、古くからコインを使ったり、サイコロを使ったりして卦を出す方法が考案されてきた。例えば僕は、普段はサイコロを使って易占を行っている。八面体のサイコロひとつで、本格的な易占ができるのだ。

 易占は64種類の卦から何かひとつを選び出し、その意味を読み解いていくという占い。だから1から64までの数字が印刷されたカードをシャッフルして、そこから1枚だけ選び出しても占いはできる。そのための専用カードがイーチン・タロットで、国内外でたくさんの種類が発売されていて、Amazonなどの通販サイトを介して簡単に入手することができる。

 僕も何か買ってみようと思ったのだが、さんざん悩んだ末に注文したのは左の写真のカード。スペイン語版らしいのだが、これを選んだ理由は、卦名が漢字で印字されているカードの中では、これが一番安価だったこと。あとのことは、実際にカードが届いてからでないと判断できないな……。

 易占は「易経」というテキストにもとづく占いでビジュアルイメージが乏しいので、イーチン・タロットでその弱点を補うことは、易占の勉強にも役立つのではないかと思っている。

 イーチン・タロットは他にもたくさん売られているのだが、タロットやルノルマン・カードに比べるとやはりマイナー商品らしく、種類も少ないし値段もちょっとお高いと思う。まあYahoo!知恵袋などを見ても、「タロットで占ってください」「ルノルマンカードの解釈を教えてください」という相談は山ほどあっても、易占関連の質問は少ないしね。

 占いには「命」「卜」「相」がある。「命」は持って生まれた運命のことで、生年月日を使って占う占星術などが代表例。「相」はその場に現れている形をもとにした占いで、手相や人相、家相や風水、姓名判断などがそれにあたる。僕は「命」と「相」については、まったく信じていないし、あまり役に立たないと思っている。

 易占やタロット、ルノルマンなどは、占いでいえば「卜」になる。そのとき偶然示された数字、象徴、言葉などもをもとにして、今現在の状態を解釈し、将来を見通すものだ。これは当事者が見落としている視点に気づかせてくれるという点では、「命」や「相」より役に立つんじゃないだろうか。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中