しらけ鳥は飛んでいく

 ニュースでは盛んに「事実上の選挙戦突入!」などと騒いでいるが、気持ちは白けるばかりだ。たぶん国民の多くは白けきっていると思う。

 頭の中では小松政夫の「しらけ鳥音頭」(作詞:小松政夫・スージー白鳥)が無限にリフレインしている。

しらけ鳥 飛んでいく
南の空へ
みじめ みじめ
しらけないで しらけないで
しらけたけれど
みじめ みじめ

 選挙というのは多少なりともお祭り気分のもので、それが任期満了による地方自治体の選挙であれ、全国区のニュースになる国政選挙であれ、多かれ少なかれ根拠のない浮かれた気分に包まれるものなのだ。

 しかし今回の選挙には、それがまったく感じられない。いったい何なんだろう。それとも僕の知らないところで、この選挙に浮かれた気分になっている人もいるんだろうか……。

 頭の中にこだまするしらけ鳥は、四方どこへ飛んでいってもしらけっぱなしだ。膨大な国費を使った茶番劇の幕が開き、数週間後には安倍首相がニコニコした顔で「国民の審判は下った」「自民党は信任を得た」「憲法改正だ」などと言い出すに違いない。

 安倍首相は「北朝鮮の脅威や少子化といった国難を、国民の信を得てご理解とお力をいただき、乗り越えていかなければならない」などと言っているが、日本が憲法を改正すれば北朝鮮の対米政策が変わるのか? 憲法を改正すれば少子高齢化が何とかなるのか? なるわけな〜いじゃ〜ん!

 政治家の言葉は空回りするばかり。まったくしらけるしかないのだ。しらけていてもしょうがないと思いつつ、しらけてしまうのは止められない。みじめ、みじめ〜♪

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中