聖書 新改訳 2017

 新日本聖書刊行会による「聖書 新改訳 2017」が送られて来た。発売日は10月だが、早期予約していたので少し早めに発送されたのかもしれない。

 「聖書 新改訳」の初版は1970年発行で、その後1978年には改訂第2版が出て、2003年にはかなり大きく改訂された第3版が出ている。僕が現在持っている新改訳は、この第3版だった。

 今回の改訂は第4版ではなく、「新改訳 2017」というタイトルになった新しい訳だ。当初は「標準訳」というタイトルで発表されたが、結局こうしたタイトルに落ち着いた。今後は大きな改訂があるたびに「新改訳 2030」とか「新改訳 2045」などのタイトルになるんだろうか……。(なんだかSF映画のタイトルみたいだな。)

 今回購入したのは旧新約合本の中型聖書。ソフトカバーのビニル装で、脚注付きになっている。本文はちゃんと現代の日本語になっているが、ところどころに文語風の表現が残っているのはやはり聖書らしい言い回しだ。

 例えば神が世界を創造するときは、やはり「光、あれ。」から世界が誕生する。これか「光があるように」とかでは、まるでサマにならないのだろうなぁ……。

 (ちなみに英語聖書だと1611年のKJVが同じ部分を「Let there be light」と訳し、21世紀になって訳されたESVが「Let there be light」だから、結局は400年たっても訳は同じ。地の文はともかく「神の言葉」については、訳語が保守的になる傾向があるのかも。)

 現在教会で使われている主だった日本語聖書としては、福音派系のプロテスタント教会で使われている新改訳の他に、日本聖書協会が発行している「新共同訳」がプロテスタントやカトリックの教会で広く使用されている。この「新共同訳」も現在新しい翻訳が準備中で、予定通りに作業が進めば、来年には翻訳が完了して新たな聖書が発売されるはずだ。

 日本ではキリスト教人口は総人口の1%以下と言われているが、聖書翻訳の世界はどういうわけか元気。今年は田川建三の「新約聖書 訳と註」も7巻(8冊目)の黙示録が出て完結しているので、僕もまだ入手していない巻を少しずつ購入しなければ……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中