Amazonの宅配進出は運送業の脅威

 ヤマト運輸がAmazonの当日配達便から撤退する意向のようだ。

 ヤマト運輸が宅配便のありかたや大手取引先との関係をドラスティックに変革することで、収益性が改善し、現場従業員の待遇が良くなるなら、宅配業界全体としても良いことだと思う。ヤマトが変われば、宅配業界全体が変わる可能性があるからだ。

 しかしヤマト運輸の「Amazon離れ」は、Amazonが独自の宅配システムを構築することを後押しすることになるのではないだろうか。

 既にニュースで報じられていることだが、アメリカではAmazonがドローンを使った宅配システムの実験を行ったり、実験的な小売店舗を運営したりしている。これがすぐに日本にもやってくることはないと思うが、こうしたことからわかるのは、Amazonが宅配や小売といった事業にも興味を持って、実証的な実験を行っていることなのだ。

 Amazonはやがて宅配まで自前で行うようになるだろう。それは日本の宅配業界に、壊滅的なインパクトを与えるものになるかもしれない。既にヨドバシカメラは「エクストリーム便」で自社配達を行っているが、Amazonも同じように自社配達に切り替えて行くと思う。

 他業者に宅配を委託している限り、その宅配業者が用意しているサービスの範囲内で、自社のサービスを構築するしかない。それは宅配業者の都合次第で、あるサービスが行えたり行えなかったり、今まで行っていたサービスが行えなくなったりするリスクをはらんでいる。

 例えば今回はヤマト運輸が「荷物の総量を制限します」「夜配達やめます」「当日配達便はやめです」と言いだしたことで、Amazonはこれまでのサービスを維持するために他の宅配業者への乗換を余儀なくされている。しかし自社で宅配網を構築できれば、他業者の都合でサービス内容を変更する必要はなくなるのだ。

 荷物の総量、作業員の人数なども自社で完全に把握しコントロールできるから、中長期的な戦略も立てやすくなるだろう。数ヶ月前になっていきなり「次年度はちょっと受けられません」ということはないわけだ。

 配達システムの効率化についても、得意のICT技術やIOT技術を使ってフルに効率化できるかもしれない。例えばGPSやICタグを使って配達先に対して「30分以内に配達します」などと通知することも可能だろうし、負担が多いと言われている再配達についてはスマホのアプリを使って在宅通知した顧客にのみ配達すればいい。

 荷物の種別を減らし、配達員は手持ちの端末に支持されたとおりに動くだけで仕事が終わる、熟練を必要としないシステム。アルバイトの配達員が、端末の使用法さえ覚えれば、それで配達が終わってしまう仕組みを作るのは簡単だろう。

 大事なのは、効率化できそうなところから徹底的に効率化した配送システムを作ることだ。おそらくAmazonが発送する荷物の8割か9割は、自社で構築したシステムに乗せられるだろう。そこからはみ出した荷物は、宅配業者に依頼して配達してもらう。それは全体の1割か2割で、これまでより割高な配送料を請求されることになるだろうが、そこは割り切って構わない。

 配達先も徹底的に精査して、宅配ボックスのない一軒家やアパート、エレベーターのないマンションなどは、自社の配送システムから除外してしまう。(もちろんコンビニや職場での配達に変更するなら受け付ける。)

 結果として、ある程度規格化された定型の荷物に関しては、Amazonは自前の配送システムで効率よく配達できるようになる。首都圏などの人口密集地域では、効率は最大化されるに違いない。郊外の大型中継基地から、都市部の各所に分散した配送センターに荷物を配り、そこから人力で配達していくわけだ。

 こうしたシステムを作ってしまえば、アマゾンに出品していない業者も、Amazonのシステムを使って低コストに荷物を配達できるようになるかもしれない。

 一方こうしたシステムからはじかれた厄介な荷物ばかりが、既存の宅配業者に集中することになる。宅配ボックスやエレベーターに入らない大きな荷物。やたらと重たい荷物。ひどく高価で専門的な運搬技術が必要な荷物。パソコンもスマホも使わず、しかも留守がちで再配達を繰り返す配送先。エレベーターが使えないマンションの上層階や、地方の遠隔地への配達、などなど……。

 Amazonのシステムというフィルターからこぼれ落ちた、面倒くさくて、できれば運びたくない荷物ばかりが、ヤマト運輸や佐川急便に集中するのだ。結果として宅配業者の配達コストは上昇し、運賃は上がるだろう。時間がたつにつれて、Amazonのシステムに相乗りしようとする利用者は増え、Amazonはシステムの更新で配達できる荷物の範囲が広がる。そしてますます、厄介で面倒な荷物ばかりが宅配業者に残るようになる。

 Amazonの出現で、既存の書店はどんどん町から姿を消して、家電店も消えて行った。同じことが、宅配業でも起きるのではないだろうか。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中