Androidがシェア世界一に

 インターネットに接続するコンピュータのシェアの最新データで、AndroidがWindowsを抜いて世界一になったという。

 グラフを見ると、これはもうWindowsに逆転のチャンスはないだろうと思われる。もちろんごく短期的にはどうなるかわからないが、長いレンジで見るとWindowsは軟調推移で、Androidは力強い堅調推移だ。iOSは微増。macOSはシェアを少しずつ落としている。

 ただこれは「シェア」なので、実際の稼働台数になるとまた別の話だ。Windowsはシェアの下落ほどには出荷ベースを落としていないはずだ。スマホはこれからも出荷ベースでは台数を伸ばすだろうから、マイクロソフトがすぐに消えるようなことはあり得ない。ただ、少なくともネット接続端末の世界での趨勢は決まったかな……。

 僕自身は現在パソコンがMacで、スマホがAndroidだ。ただスマホを次に買い替える時は再びiPhoneにしようと思っているし、機会があればiPadも使ってみようと思っている。やはりAppleの統合された環境の心地よさは、Androidの環境では味わえない快適さがある。

 もっとも、今持っているスマホに大きな不都合や不満があるわけでもないので、買い替えるのはまだもう少し先になりそうだけどね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中