現代に生きる信仰告白 -改革派教会の伝統と神学

 作家の佐藤優が2015年11月3日に日本キリスト教会大森教会で行った講演と座談会、質疑応答の内容を書籍化したものだ。

 著者は現代の日本では数少ない「キリスト教作家」のひとりだと思う。かつては三浦綾子や遠藤周作がいたのだが、現在は佐藤優だろう。ただし三浦や遠藤は小説というフィクションの世界で活躍し、佐藤優はノンフィクションの分野で活躍している。それが時代の違いなのかもしれない。

 著者にはこれまでにも何冊かのキリスト教系の著書があるのだが、これはその中でも最も読みやすく、広い範囲を扱っている本だと思う。ただし聞き手がキリスト教関係者、しかも改革派の教会の教会員がほとんどということもあり、著者がそれを前提として話している部分も多い。

 プロテスタント教会の中での改革派や長老派の位置づけ、組合教会や会衆派教会とはどんなものか、キリスト教神学校の中での同志社の位置づけなどがある程度わからないと、著者の言っていることや会場でのやりとりがわかりにくいかもしれない。

 キリスト教に対する著者のスタンスは、きわめてラジカルな部分もあれば、超保守的に見える部分もある。しかしこれが「信仰者」の立場というものなのかもしれない。信仰に対して部外者であれば、話はもっと単純で、首尾一貫した態度も取れるのだろう。だが著者は信仰者なので、キリスト教に対して他者として接することができないのだ。

 「自分の中で譲れない部分」と「譲ってもいい部分」「どうでもよい部分」のまだら模様の中で、キリスト教に対する態度は多少なりともゴチャゴチャしたものになる。それが「生きた信仰」というものであって、このいびつな形は、著者が真摯に信仰と向き合っている証拠でもあるのだと思う。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 読書

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中