教育勅語の現代語訳

 以前の記事で自作のリライト版を紹介しましたが、最近また教育勅語が話題になっているので、今回はリライトした本文だけを再掲載しておくことにします。

 教育勅語の評価については読む人がそれぞれ行えばいいことですが、どうも読んでいないのに「いい!」とか「とんでもない!」と言う人が多いように感じます。まず読みましょう。そして、それぞれが自分で考えましょう。


教育についての天皇のお言葉

 わたしが思うに、わが皇室の祖先は大きく広い考えを持って国をはじめるとき、深く厚い考えを持って皆の手本となる基準を定めました。

 国民であるあなた方が忠に孝に心をひとつとする美しい姿は、これこそ我が国の誇りとする文化の真髄であり、教育の起源もまたここにあるのです。

 あなたがた国民は、父母によく仕え、兄弟は助け合い、夫婦は力を合わせ、友人は互いを信頼し、自らは慎み深く控え目な態度を守り、すべての人を慈しみ、よく学び、仕事にはげみ、それによって知識と能力を開花させ、人格を向上させ、進んで自分以外の人のことを考え、社会のために働き、いつも憲法を守り、国の法律に従い、ひとたび危機が迫ったときは正しい勇気を持って人々のために活動することで、長い歴史と伝統を持つ皇室を助けてください。

 これらのことは、あなた方が忠実で善良な国民であることを示すだけでなく、あなたがたの祖先の残した美しい伝統を讃えることにもなるのです。

 これは代々わが皇室に伝わる教えですが、わたしの子孫が国民と一緒になって守らねばならないものでもあります。

 これらは遠い昔から今まで少しも変わることなく、世界のどの国や地域でも共通する正しい教えです。わたしもあなたがた国民と一緒にこれらの教えを深く胸に刻み、みんなでこの立派な心がけを守って行きたいと願うばかりです。

明治23年(1890年)10月30日
御名御璽(天皇の署名と印)

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中