『ラ・ラ・ランド』は微妙な映画だった

ラ・ラ・ランド

 話題のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』を観てきた。しかも張り切ってIMAXでの鑑賞だ。

 映画の感想事態は映画瓦版に書いたが、場内はそこそこの入りで、どの観客も映画に期待していることがうかがえた。しかし映画を観終わった後は、皆さん微妙な表情。

 この映画は大きく笑えるわけではなく、かといって泣けるわけでもなく、楽曲が素晴らしいわけでもなく、歌やダンスがことさら上手いわけでもなく、すべてが微妙なのだ。

 アカデミー賞で多数ノミネートされていることからもわかるように、業界内でのウケはいいようだ。その理由は何となくわかる。批評家のウケもいいかも。

 この映画には過去のミュージカル映画からの引用がたくさん散りばめられているので、それを観ているだけで楽しいというのはある。『踊る大紐育』、『巴里のアメリカ人』、『雨に唄えば』、『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』などだ。この映画のこの場面は、あの映画のあの場面の引用だと蘊蓄を語るには最高の映画だろう。

 でも楽しいかと言えば、べつにそうでもなんだよな……。

 アカデミー賞効果で客は入ると思うし、これを楽しいと思う観客もいるとは思うけれど、僕自身は楽しくなかったな。たぶん脚本が中途半端なんだと思う。

 映画がヒットすれば舞台化すると思うけど、それで歌やダンスのレベルは上がっても、この映画の特色になっているロケーション撮影の良さは消えちゃうだろうな。

 まあ、いろんな点で不満の残る映画。良ければ別の劇場でもう一度とも思ったけど、これは一度観れば十分かも。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中