鬼とは何者なのか?

setsubun_akaoni_mame

 節分の豆まきでは「鬼は外、福は内」とかけ声をかけるが、この「鬼」というのは一体何者なんだろうか?

 日本の鬼はどうやら日本独自の妖怪のようで、もともと「おに」と呼ばれている存在に漢字の「鬼」の字をあてたものらしい。

 中国の鬼(き)というのは、死者の霊や超自然的な神霊のこと。死者の霊という意味では、日本の幽霊に近い。

「断じて行えば鬼神も之を避く」(史記)
「疑心暗鬼を生ず」(列子)

 これらは超自然的な神霊や幽霊のことだろうし、日本でも一般的にそのように受け止められていると思う。

 日本語の「おに」ももともとは「穏(おぬ)」と同じルーツの言葉で、目には見えない超自然的な存在を意味していたらしい。そういう意味では中国の「超自然的な神霊」にも通じ合い、「おに=鬼」という文字をあてたのだろう。

 恐ろしい形相で頭に角がある赤鬼や青鬼は、どうやら仏教の影響で日本に定着したものらしい。地獄の亡者たちを責めさいなむ獄卒たちの姿がさまざまな絵巻などに描かれ、それが鬼の姿になったようだ。

 日本でも古い時代の鬼、例えば大江山の酒呑童子や羅生門の鬼などは、赤鬼や青鬼とはまた別の系統にある半神半人の超自然的な存在のようだ。

 要するに日本では「鬼」というのが、中国由来の神霊、目に見えぬ超自然的な力の象徴から、肉体を持った暴力的な存在、目に見える妖怪まで、結構ごちゃまぜになっている。

 では節分の豆まきに出てくる「鬼」は何なのか?

 これは季節の分かれ目に現れる「邪気」のような存在で、これが擬人化されたのが節分の鬼であるらしい。

 節分の鬼は民話の中に出てくる物の怪や妖怪ではなく、冬から春へと季節が変化していく中で起きる、人間の肉体的・精神的な変調や、社会的な環境変化の象徴なのだろう。

 まあ「季節の変わり目には体調に気を付けて」という話ですかね。そう考えると、節分の豆まきも単なる民間習俗だとバカにはできないと思ったりして……。

おうちで楽しむ 季節の行事と日本のしきたり
マイナビ (2014-12-13)
売り上げランキング: 426,319
投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中