写真の保存はすべてクラウドに!

 写真の保管はすべてクラウド環境に移行させ、ローカルには保存しないことに決めた。

 今まではApertureで読み込み、Macの写真アプリで読み込むなど、いろいろな形でローカルにも保存していたのだが、今後は一切なしだ。

 そのかわり、撮影した写真はすべてGoogleフォトとAmazon Driveに保存することにする。

 Googleフォトは4000×4000ピクセル以内のJpeg画像なら無制限に読み込んでくれて、サイズオーバーの写真は自動的にリサイズしてくれる。

 Amazon Driveはサイズの制限もなしに、写真データであればRAWデータも含めて丸ごと無制限に保存してくれる。(RAWデータは読み込む際にDNGデータに変換するようだ。)

 ローカルに保存しているデータを利用することは、じつはほとんどないので、データの保存についてはGoogleとAmazonに放り込んでおけば困らないかもしれない。両方にバックアップするのは多少面倒だが、データを二重化していることで、万が一にでもデータが消失したりアカウントが消失しても、残った一方からファイルを救出できる。

 写真を仕事にしている人は、もちろん自分のローカル環境に写真をバックアップしておくべきだと思うし、有料で契約している外部のオンラインストレージにもデータをバックアップするべきだろう。

 でも僕が使う写真は、家族の旅行の写真とか、ブログに掲載するちょっとした写真ぐらいなので、それほど厳密にあつかう必要もないのかなと思っている……というか、そう思うことにしたのだ!

 「写真はローカルで保管しないぜ〜」と決めた途端に、実に身軽で、爽やかな気分になれるのはなぜだろう。写真データはローカルHDDの中でも一番容量を使うものの割に、一番使わないものなんですね。だからそれから解放されるのは、やはり気楽にはなる。

 HDDに何でもかんでも保存したがるのは、古いパソコンユーザーのクセみたいなものかもしれない。スマホやタブレット、Chromebookなど、最初から「クラウド前提」の環境でコンピュータを使いはじめた人には、こういう「保存癖」みたいなものはないのかもしれない。

 それがいいことなのか悪いことなのかはわからない。繰り返しになるけれど、仕事のデータなどは、当然ローカルにバックアップしておくべきだろうし、僕も自分の書いた原稿などはなるべくローカルに保存してある。

 でもそうしたローカルに保存してあるファイルも、パソコンの買い換えなどでどこかに消えてしまうことは多い。僕も現在のMac環境になる前、Windowsで仕事をしていた十数年前の原稿データなどはもう紛失している。

 でもこういうデータも、それがクラウド環境に保存してあれば、スムーズに移行できるのだ。ま、10何年前にはクラウドなんてなかったんですけどね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中