瞑想は何かに効くのか?

yoga_meisou_man

 マインドフルネス瞑想みたいなものを、なるべく継続して続けるようにしている。できれば朝起きてすぐ。それがダメなら、家族が出かけてから自分が出かける前の時間だ。時間はとりあえず10分間。

 瞑想にどんな効果があるのか、まだよくわからない。ただ以前ほどは、座ってじっとしていることが辛くなくなっている。10分は最初のうちはかなり長く感じたのだが、最近はわりとすぐに10分たつ。2月からは5分伸ばして15分にしてみようと思っている。

 座って呼吸に集中していると、どうしても呼吸をコントロールしようとしがちだ。例えば「ゆっくり呼吸しよう」とか、「腹式呼吸をしよう」とか、「深く息を吸って長く吐き出そう」とか考えてしまう。

 でもこれは呼吸をコントロールしようとせずに、ただ自分の呼吸を観察しているぐらいでいいみたいだ。「息を吸う」とか「息を吐く」ではなく、「息を吸っている」とか「息を吐いている」という感じだ。

 瞑想で「今ここ」に集中する練習をしておくと、嫌なことがあっても気持ちの切り替えは早くなるような気はする。僕は割といろんなことをくよくよ考え込む方だったのだが、とりあえず瞑想を習慣にするようになってからはその機会が減ったかもしれない。

 もっともこれは、それほど嫌な目にあっていないだけなのかもしれないけれど……。

 ちなみに僕はイスに座って瞑想している。身体が硬くてあぐらがかけないのだ。本格的な座禅のように結跏趺坐ができればいいんだろうけど、今の僕にはそんなの夢のまた夢。ストレッチをして足の可動域を拡げ、いずれ結跏趺坐で瞑想ができるようになったら、僕にとってはそれが一番の「瞑想の効果」ということになるのかもしれない。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中