伏見ミリオン座で映画のハシゴ

伏見ミリオン座

 毎週火曜日は伏見ミリオン座のポイント2倍デーなので、今日はミリオン座で映画を2本観てきた。

 今日観たのはドイツ映画『天使にショパンの歌声を』と『アイヒマンを追え ナチスが最も畏れた男』。じつは昨日もミリオン座で『アイ・イン・ザ・スカイ 世界で最も安全な戦場』を観て、その後は系列のセンチュリーシネマで『SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。』を観ている。(月曜日はセンチュリーシネマのポイント2倍デーなのだ。)

 伏見ミリオン座は東京で言えばミニシアター系の作品がかかる映画館で、年会費5,500円を払って会員になると、系列のセンチュリーシネマも含めて当日一般料金が1,000円になる。また1回の有料入場ごとに会員証にスタンプがおされ、10ポイント貯まるごとに無料入場券が1枚プレゼントになるのだ。

 劇場側では「年に7回映画を観るなら会員になるのがお得」という言い方をしている。これは大人の入場料が通常1,800円だが、会員になると1,000円。差額が800円だから、7回観れば5,600円分得をしたことになり、年会費5,500円のもとが取れるという意味らしい。

 でも映画の入場料は常に1,800円とは限らない。前売り券を使えば1回1,500円だし、毎月1日は伏見ミリオン座だと入場料が1,000円になる。僕は夫婦で行けば(女性と行けば)入場料がふたりで2,200円になる。こういうことを考えると、必ずしも「7回観ればお得」とは言いきれないんだけど……。

 それより得なのは、むしろ「10ポイントで入場券プレゼント」の方だろう。せっせと映画を観てこれを6枚ゲットできれば、それで6,000円分の価値はあるわけだから年会費は完全にもとが取れたことになる。

 入場料を6枚獲得するには、ポイント2倍デーに映画を30回見に行けばいい。年会費5,500円に、30回分の入場料が30,000円、合計35,500円かけて、有料入場30回と無料券6枚で36回映画が観られる。これでやっとこさ、1回あたりの入場料が平均1,000円を切ることになる。

 でもまあ、これを実現するのは大変だな。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中