ドル高も一服したのかな……

money_strong_yen

 トランプ新大統領の就任式まであと2週間を切ったが、ここに来てトランプ当選直後から続いていたドル高が一段落したようだ。

 ドル円相場は一時118円台まで円安になっていたが、12月半ばからはほぼ横ばいの相場。それが昨日は大きくドル安方向に動き、1日で2円も円高になって115円台で終了。

 他通貨との比較では円とユーロの相場にさしたる変化もなく、一方でドルとユーロではドル安になっている。これは円高ではなく、ドル安なのだ。

 11月からの円安も実際にはドル高だったわけで、こうした一方通行の為替相場はそう長くは続かないということだろう。

 チャートを見るとドルはもう少し安くなっていくような気もするのだが、トランプ大統領の政権が本格的に稼働しはじめれば、それを見てまた相場も動いていくのだろう。

 ……と、経済評論家や投資家のようなことを言っていても意味はない。個人的に興味があるのは、我が家が海外旅行に行くときは、もうちょっと円高になっていてほしいなぁ〜ということだ。

 為替相場に「適正水準」など存在しないのだが、いくら何でも118円はひどい。1ドル100円だと区切りもいいし、計算しやすいんだけど。現在の円安相場もたった2ヶ月ぐらいで成立した物だから、あと1ヶ月か2ヶ月で100円から105円の相場に戻る可能性もあるけどね。

 貧乏ライターのくせに海外旅行なんていいご身分だと言われそうだけど、旅行に行かずとも、最近はネットの中でドル建て決済をする例も増えている。例えば僕は昨年末から今年にかけてWordPressを有料サービスに切り替えて広告を外したのだが、これもドル建て決済だった。

 まあ金額はたかが知れているので、為替水準が動いても数百円の違いでしかないけどね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中