名古屋の魅力は何だろうか?

名古屋さんぽ

 名古屋は日本一魅力のない都市なのだという。これは名古屋市自身の調査による結果だから、まあそういうことなのかもしれない。かく言う僕も、今年になって名古屋転居が決まるまで、名古屋というのはあまり意識することのない都市だった。でもこれは「魅力がない」とか「嫌い」というわけではない。単に「大都市のくせに影が薄い」「名古屋と聞いてもパッとイメージできるものがない」ということなのだ。

 実際に名古屋に引っ越してきてどうだったかというと、名古屋はとても住みやすい都市だった。「名古屋は車社会だから自動車がないと不便」という話を事前に聞いて身構えていたのだが、じつは公共交通網が発達していて自動車なしでも普通に暮らせる。地形が平坦で、道路が整備されていて広いので、自転車で走るのもとても快適だ。市内の中心部(名古屋駅・名古屋城・栄・大須・金山など)は地下鉄やバスも通っているが、天気さえよければすべて自転車での移動圏内にある。

 東京に比べると街の中心部でも空き地が多く、高層ビルが少ない。建っているビルも古いものが多い。名古屋駅周辺は最近になって高層ビルがいくつも建ちはじめたし、市内の一部の場所には高層タワーマンションも作られているが、東京に比べるとまだまだ都市の中に空間的な余裕がある。東京で新しいビルを作ろうとすれば既存のビルを壊してから建てなければならない。でも名古屋なら、まだ空いている場所がそこかしこにある。東京に比べて「のびしろ」がまだまだ十分にあるのが名古屋なのだ。

 日常の買物や外食も不便はないし、レジャーの面でも観光スポットは周囲にたくさんある。問題は名古屋の中心部にある観光名所が、名古屋城1ヶ所しかないことだろう。東京だって観光地を回ろうとすれば移動に30分や1時間は平気でかかるけれど(渋谷から浅草までは地下鉄で30分以上かかるし、新宿から東京ディズニーランドまでは1時間ぐらいかかる)、名古屋の場合は同じ時間をかけて移動すると隣接する市や他県に移動してしまうからなぁ……。

 国内外の観光客が東海中部地方を観光する場合、中部国際空港や新幹線の名古屋駅を利用することは多くても、名古屋を起点にしてあちこち見て回るという必然性があまりない。これをどう足止めさせて一泊か二泊させることができるかが、名古屋の観光面での課題になるんだと思う。

 でも名古屋は住むにはいいところだ。僕は徒歩や自転車での移動圏内に大型書店と映画館さえあれば生きていけるので(笑)、名古屋で暮らしていてもまったく困らない。名古屋にはTOHOシネマズも109シネマズもある。丸善も三省堂もジュンク堂もある。東急ハンズもLOFTもあるし、シモジマも世界堂もあれば、ヨドバシカメラもビックカメラもある。それ以外のものはAmazonがあるから問題なしだよ。

 こうした名古屋の便利さはなかなか外部にはアピールしづらいし、そもそも外部の人に対するセールスポイントにもならない。名古屋駅周辺や栄が多少賑やかになっても、「名古屋にしかないもの」がないと東京や大阪からわざわざ人はやってこないのだ。名古屋が外部の人にとっても「面白い街」になれば、「暮らしやすそうだから住んでみようか」という人も増えるんだろうけど。

 名古屋市長は名古屋城の木造天守閣復元に並々ならぬ熱意を示しているけれど、それだけでは名古屋に人がやって来ることがないと思う。名古屋城は今でも名古屋の観光名所。天守閣木造化でその価値は上がっても、それによって観光客が長逗留するようになるわけではないでしょうしね。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中