短期のアルバイト終了

 8月中旬から名古屋市内でイベント関連のアルバイトをしてましたが、昨日それがようやく終わりました。はじめた頃は連日うだるような暑さだったのが、最終日には寒くて震えてたんだから、短期のバイトと言っても、足かけ3ヶ月はそれなりに長かったと思います。

 かれこれ20年続けている本業は、試写室の暗がりに閉じこもったり、部屋にこもってDVDを観たりパソコンの画面とにらめっこ。その点、バイトで街の中を歩き回ったり、毎日大勢の人に会うのは楽しい体験でした。一緒に働く人たちも年齢や性別バラバラで、休憩時間にくだらない話に花を咲かせるのも楽しかったしね……。

 ほとんど毎日自転車で名古屋市の中心部まで通ってましたが、イベント期間中に5キロぐらい痩せましたよ。バイトが終わると、また太ってしまうかも。それが一番心配だ。

 バイトの最中も「キリスト新聞」(キリスト新聞社)の連載の原稿を書いたり、「福音と世界」(新教出版)から依頼された原稿を書いてきたので、少なくなっているとは言え「本業」もまだ続けてますけどね。これらの原稿はいずれ単行本にまとめたいと思ってますが、それがいつどんな形で出るかはわかりません。今年はもう無理でしょうから、来年でしょうかね……。

 とえあえずは次のバイト探しです。本業も続けますけどね。

 ちょうどバイトの期間中に「あいちトリエンナーレ2016」というイベントが行われていました。写真はその展示作品のひとつです。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中