禅マインド ビギナーズ・マインド

禅マインド ビギナーズ・マインド

 アメリカで曹洞禅の指導を行った鈴木俊隆(1905〜1971)の法話集。座禅修行を体験した参加者たちに向けた短い説法をまとめたものなので、個々の項目ごとにつながりがあるわけではない。座禅の「体験」が前提になっている話であって、理論的な話にもなっていない。それでも録音や速記をもとに、大まかなテーマに沿って38の法話が配列されている。

 構成は以下の通り。 (括弧内の数字は法話の数。)

  • プロローグ(1)
  • 第1部:正しい修行(9)
  • 第2部:正しい態度(14)
  • 第3部:正しい理解(13)
  • エピローグ(1)

 正直、それほど読みやすい本ではないという印象を受けた。個々の法話が独立しているので、どんどん読み進めていくことができない。これは仏教についての本ではなく、座禅についての本であり、座禅体験についての本なのだ。理屈でどんどん読み進むことができず、読みながら言葉を咀嚼し、消化しながら飲み込んでいかなければならない。

 鉛筆で線を引きながら2回読んだが、2回読めば2回分の発見がある。たぶん3回読めば、また新しい発見があるだろう。「禅のバイブル」という帯の紹介分はダテではないと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中