教育勅語(リライト版)

 教育勅語はそれを称賛する人も非難する人も、じつは内容をきちんと読んだ人がほとんどいないという文書のひとつだと思う。何しろ全体が漢文調の文語体で、言葉づかいも難しいし、そもそも今となっては正字体の漢字が読めない。

 というわけで僕自身もじっくり読んだことがなかったのだが、ふと思い立って現代日本語にリライトしてみることにする。

 まず原文は以下のようになっている。(Wikipediaからコピーしてきたものだ。)

教育ニ関スル勅語

 朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
 我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
 爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
 是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
 斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
 之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名御璽

 次が今回自分でリライトしてみたものだ。


教育についての天皇のお言葉

 わたしが思うに、わが皇室の祖先は大きく広い考えを持って国をはじめるとき、深く厚い考えを持って皆の手本となる基準を定めました。
 国民であるあなた方が忠に孝に心をひとつとする美しい姿は、これこそ我が国の誇りとする文化の真髄であり、教育の起源もまたここにあるのです。
 あなたがた国民は、父母によく仕え、兄弟は助け合い、夫婦は力を合わせ、友人は互いを信頼し、自らは慎み深く控え目な態度を守り、すべての人を慈しみ、よく学び、仕事にはげみ、それによって知識と能力を開花させ、人格を向上させ、進んで自分以外の人のことを考え、社会のために働き、いつも憲法を守り、国の法律に従い、ひとたび危機が迫ったときは正しい勇気を持って人々のために活動することで、長い歴史と伝統を持つ皇室を助けてください。
 これらのことは、あなた方が忠実で善良な国民であることを示すだけでなく、あなたがたの祖先の残した美しい伝統を讃えることにもなるのです。
 これは代々わが皇室に伝わる教えですが、わたしの子孫が国民と一緒になって守らねばならないものでもあります。
 これらは遠い昔から今まで少しも変わることなく、世界のどの国や地域でも共通する正しい教えです。わたしもあなたがた国民と一緒にこれらの教えを深く胸に刻み、みんなでこの立派な心がけを守って行きたいと願うばかりです。

明治23年(1890年)10月30日
天皇の署名と印


 教育勅語の現代語訳については、「教育勅語と現代語訳」というページが参考になった。一般には明治神宮のサイトでも紹介されている国民道徳協会訳が広く普及しているようだが、原文と照らし合わせると「そんなこと言ってるか?」という意訳が多いように感じる。

 例えば国民道徳協会訳では、原文の『常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ』を『法律や、秩序を守ること』と訳している。だがこれは『いつも憲法を守り、国の法律に従い』とする方が素直だと思うのだ。最後の『咸(みな)其(その)德(とく)ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ』だって、どうすれば『立派な日本人となるように』という訳になるのか意味不明だろう。これでは天皇陛下ご自身が「立派な日本人になりたい!」と願っていることになるんですけどね……。

 教育勅語については「言っていることは正しい」と評する人も多いのだが、『天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ(長い歴史と伝統を持つ皇室を助けてください)』などと言われると、やはり主権在民の現憲法とは相容れないものだと感じるほかない。リライト版では「国民」と言い換えたが、原文はすべて「臣民」になっている。あくまでも皇室が「君主」であり、国民がその「家臣」だという上下関係を前提とした物言いなのだ。

 この勅語が作られた当時は世界中に君主制の国があったので、君主と国民の上下関係があっても、それがことさら差別的なものだとは思われなかったのだろう。日本もヨーロッパ流の立憲君主制国家を目指していたのだ。教育勅語自体は立憲君主制の中央集権国家にふさわしい国民道徳を、江戸時代から続く馴染みの深い儒教道徳の言葉で整理したものなのかもしれない。

 これは「臣民教育」ではあるのだが、これ自体は「軍国教育」というわけではない点に注意。ただし実際の運用に関して、戦時中などはこれが軍国教育に大いに利用された面があるわけだけれど……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

教育勅語(リライト版)」への3件のコメント

  1. ピンバック: 教育勅語の精神とは何なのか? | 新佃島・映画ジャーナル

  2. ピンバック: 教育勅語の現代語訳 | 新佃島・映画ジャーナル

  3. ピンバック: 教育に関する勅語の全文通釈 | 新佃島・映画ジャーナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中