米百俵はどこに消えた?

米百俵

 もうかれこれ一昔以上前の話になるが、「米百俵」や「米百俵の精神」という言葉が流行ったことがある。これは明治初期、越後長岡藩で起きた出来事にちなんだ言葉だ。

 幕末の戊辰戦争で新政府軍と戦った長岡藩は、戦後に領地を大幅に没収されて財政が困窮し、藩士たちは日々の食にさえ事欠くありさまとなる。見かねた支藩(親戚筋)の三根山藩は米百俵を送ってこれを助けたが、長岡藩の大参事・小林虎三郎はこれを売って金に換え、学校建設の費用とした。

「この米を、一日か二日で食いつぶしてあとに何が残るのだ。国がおこるのも、ほろびるのも、まちが栄えるのも、衰えるのも、ことごとく人にある。……この百俵の米をもとにして、学校をたてたいのだ。この百俵は、今でこそただの百俵だが、後年には一万俵になるか、百万俵になるか、はかりしれないものがある。いや、米だわらなどでは、見つもれない尊いものになるのだ。その日ぐらしでは、長岡は立ちあがれないぞ。あたらしい日本はうまれないぞ。……」(山本有三の戯曲「米百俵」より)

 この故事を当時の小泉純一郎首相が国会で引用し、『今の痛みに耐えて明日を良くしようという《米百俵の精神》こそ、改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか』とぶち上げた。小泉首相は米百俵を「改革の痛み」へと敷衍したのだが、もともとの意味は「大人が我慢してでも子供たちの教育に投資しよう」という話だったのだ。

 最近の子供の教育を巡るニュースを見るたびに、この「米百俵」の話を思い出す。「米百俵」は流行語になり、多くの人たちが長岡藩の故事に触れたはずだ。しかし「痛みに耐えてがんばろう」という部分だけが語られて、この言葉がもともと持っていた「子供の教育のために大人が身を削る努力をしよう」という部分は忘れられてしまったと思う。

 子供への投資は、未来への投資だ。今ある金や資産を大人たちが使ってしまえば、それはただ使って終わる金や資産でしかない。しかしそれを子供たちに投資すれば、それは何百倍、何千倍、何万倍にもなって戻ってくる(かもしれない)。少子化対策も、貧困家庭への生活保護費支給や教育支援も、苦学生への奨学金拠出も、回り回って日本全体がその恩恵を受けると考えるのが「米百俵の精神」なのではないだろうか。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中