夫婦同姓と通称使用

085546_hanrei

 僕自身は選択的夫婦別姓を制度化することに大賛成なのだが、最高裁は夫婦同姓を定めた民法750条を「合憲」だと判断した。

 この判決について、「最高裁はやっぱり夫婦同姓の差別性がわかっていない」とか「女性の人格権の問題だ」などの意見があることはわかるのだが、判決の全文(PDF)を見る限り、今回の判決はそうした意見にも一定の目配りをしているように思える。

 例えばこの判決は、夫婦同姓を強制されるデメリットについて、次のように述べている。

夫婦同氏制の下においては,婚姻に伴い,夫婦となろうとする者の一方は必ず氏を改めることになるところ,婚姻によって氏を改める者にとって,そのことによりいわゆるアイデンティティの喪失感を抱いたり,婚姻前の氏を使用する中で形成してきた個人の社会的な信用,評価,名誉感情等を維持することが困難になったりするなどの不利益を受ける場合があることは否定できない。そして,氏の選択に関し,夫の氏を選択する夫婦が圧倒的多数を占めている現状からすれば,妻となる女性が上記の不利益を受ける場合が多い状況が生じているものと推認できる。さらには,夫婦となろうとする者のいずれかがこれらの不利益を受けることを避けるために,あえて婚姻をしないという選択をする者が存在することもうかがわれる。

 その上で、次のように述べて「通称」の使用を推奨している。

夫婦同氏制は,婚姻前の氏を通称として使用することまで許さないというものではなく,近時,婚姻前の氏を通称として使用することが社会的に広まっているところ,上記の不利益は,このような氏の通称使用が広まることにより一定程度は緩和され得るものである。

 この通称使用についてはもちろんさまざまな制約があるわけだが、これについても判決文の少数意見の中で問題点は指摘されている。

多数意見は,氏を改めることによって生ずる上記の不利益は婚姻前の氏の通称使用が広まることによって一定程度は緩和され得るとする。しかし,通称は便宜的なもので,使用の許否,許される範囲等が定まっているわけではなく,現在のところ公的な文書には使用できない場合があるという欠陥がある上,通称名と戸籍名との同一性という新たな問題を惹起することになる。そもそも通称使用は婚姻によって変動した氏では当該個人の同一性の識別に支障があることを示す証左なのである。

夫婦同氏に例外を許さない点を改めないで,結婚に際して氏を変えざるを得ないことによって重大な不利益を受けることを緩和する選択肢として,多数意見は通称を挙げる。しかし,法制化されない通称は,通称を許容するか否かが相手方の判断によるしかなく,氏を改めた者にとって,いちいち相手方の対応を確認する必要があり,個人の呼称の制度として大きな欠陥がある。他方,通称を法制化するとすれば,全く新たな性格の氏を誕生させることとなる。

 まあいちいちごもっともな意見であって、今回の判決はこれらのことが「わかっていない」のではなく、わかった上でなお「合憲」としている点に注意すべきだと思う。

 この判決文はこの問題について他にもいろいろなことを指摘しているし、問題点をよく整理していると思うので、この問題に興味のある人は一読しておくべきだと思う。「夫婦別姓に反対」という人にとっても、じつはかなり耳の痛いことが書かれているのだ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中