10年ぶりの歯医者

 たぶん10年ぶりに歯医者に行った。いや違う。子供の付き添いで歯医者にいったことはその間に何度もあるので、正確には「10年ぶりに歯科医で診察を受けた」と言うのが正しい。少し前に近所に新しい歯医者ができたので(以前からあった歯医者が代替わりしてリニューアルした)、子供も含めて家族全員がそこで診察を受けるようになったのだ。

 僕は2週間ほど前からものをかむと左奥歯が痛むようになり、熱いものを食べても痛みを感じるようになっていたので、久しぶりに自分も歯医者で診てもらおうと思った次第。今日はレントゲンも撮って一通り調べてもらったが、虫歯はないようで、おそらく埋もれている親知らずが悪さをしているのだろうとのことだった。

 親知らずは埋もれたままアゴの骨と癒着しかけているので、これを今から抜き取るのはかなり大げさな話になるとのこと。予防という意味では抜いた方がいいが、今すぐ何かをする緊急性があるわけでもないので、とりあえずは様子を見ましょうということになった。

 これは10年前にも別の歯医者で言われたことなんですけどね……。

 というわけで今日は特別な治療はせずに、口の中の歯石を取るぐらいでおしまい。昔は歯石を取るのに固い金属の針でゴリゴリこそげ落としていたけれど、今は水を出しながら超音波で歯石をはがしているみたい。以前のゴリゴリは振動が歯からアゴの骨に伝わっていかにも「ハードなことをやってます!」という感じだったけど、今日はそうしたことはほとんどなし。血も出なかったな。

 今日は下の歯を一通り掃除して、来週は上の歯を掃除するとのこと。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中