Facebookのトリコロール

プロフィール写真

 パリで起きたテロ事件を受けて、Facebookでは自己紹介写真をフランス国旗のトリコロールにする機能が付加された。僕もさっそく使っているのだけれど、ネットの中ではこれに対してあれこれ文句を言う人たちがいることにウンザリしている。

 こうした動きに付和雷同して「トリコロールのプロフ写真がオシャレ」などとファッション化していくことにどうも違和感がある……とか、笑顔100%の自撮り写真でフランスをフランスを悼むのはいかがなものか……とか、こういう時に右ならえで皆と同じことをする気は性に合わない……とか、そもそもどうすればトリコロールにできるのかよくわからない……とか、まあ人によって理由はそれぞれでしょう。

 でもこんなものはトリコロールにするもしないも個人の自由なんだから、する人は黙ってトリコロールにし、しない人も黙ってトリコロールにしなけりゃそれで済む話。僕は僕自身の考えで勝手にトリコロールにしているけれど、それについて「なぜこうしたか」をくどくど説明しようとは思わない。表現というのは表現自体の中で自己完結するものであって、表現の意図を説明しなければ意味が伝わらないというのは、表現としてはちょっと野暮ったいよね。

 今回気になったのは「自分がトリコロールにしない理由」や「トリコロールに違和感や不快感を持つ理由」を、いちいち説明する人が結構いることなのだ。その説明の多くは「だからトリコロールにするのは間違いであって、トリコロールにしない自分は正しい!」という場所に結論を落とし込もうとしているように見える。

 これにウンザリするのは、結局のところそうした主張が「正しさ」を武器にして、相手にも自分と同じ行動や選択を強制しようとしているからなのだ。「正しさ」を求めるのは結構なことだが、「正しさ」は時として人を狭量にさせる。「正しさ」は人をいらだたせる。人を怒らせる。「正しさ」はそれを信じる人たちに、誤った人たちを憎悪させる。だから「正しさ」は厄介だ。(今回パリで起きたテロ事件もまた、テロリスト側には彼らの信じる「正しさ」があって起こされたことに違いない。)

 僕は自分の自己紹介画像をトリコロールにしたけれど、それが「正しい」とは思っていない。今回の事件を受けて、自分なりの表現としてそれを選択したに過ぎない。それを「正しい」と言い出すと、同じことを他人にも求めなければならなくなるしね……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中