自民党の「憲法改正草案」にある緊急事態条項

日本国憲法改正草案Q&A

 安倍首相が11日の参院予算委員会で、「大規模災害が発生した緊急時は、国家や国民の役割を憲法にどのように位置付けるかは極めて大切な課題だ」などと憲法改正について語ったらしい(参照)。

 緊急事態条項は自民党の「憲法改正草案」に新設条項として盛り込まれているので、今後国会で議論が行われるとすればこれが土台になるのだろう。自民党が発行している「日本国憲法改正草案 Q&A(増補版)」(参照)から、問題の条文を引用してみる。以下がその条文案だ。


第九章 緊急事態
(緊急事態の宣言)

第九十八条 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
4 第二項及び前項後段の国会の承認については、第六十条第二項の規定を準用する。この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。

(緊急事態の宣言の効果)
第九十九条 緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。
2 前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。
3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。
4 緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。


 憲法改正の本丸は言うまでもなく憲法9条なのだろうが、安倍政権としては他党からも反対の出にくい部分でまず憲法改正の実績を作りたいのだろう。

 僕はこうした条項は必要だと思うので、国会で議論した上で必要なら現憲法に条文を書き加えるのもありだと思う。あまり内閣の権限が強くなってしまうのも問題だろうが、例えば衆院解散直後や参院の検挙期間中に東日本大震災クラスの大災害が日本を襲った場合、「選挙は後回しにしてまず国会で必要なことを行おう!」と総理大臣が宣言することはあってもいいと思う。(自民党の草案では、それ以外にも内閣でいろいろとやりたそうではあるけどね……。)

 こうした条項をきちんと議論した上で憲法に盛り込むことができれば、それはそれで「護憲派」にもメリットはある。それは「日本の憲法は国会で発議するためのハードルが高すぎて実際には改正なんてできない!」という人たちに対して、「必要があれば憲法改正は可能じゃないか」と言えるようになることだ。

 憲法9条改正のように、国論を二分するような事柄は改正へのハードルが高くてもしかたない。しかし国民の誰もがその必要性を認めることなら、憲法改正は不可能ではないはずだし、不可能にしてしまっていはけないと思う。憲法は聖書やクルアーンのような、神に与えられた「聖典」ではない。人間が作ったものである以上そこには不完全な部分もあるだろう。それに気づいていて放置するのは、政治家と国民の怠慢だと思う。

 しかしだ、僕はこの緊急事態条項の自民党案を現在の憲法に加えることには抵抗がある。内容に文句があるのではなく、「文体がバラバラになってしまう」ことが気になるからだ。

 現在の日本国憲法は口語文ではあるが、用字は正字正仮名づかい(旧字旧仮名づかい)になっている。一般的には漢字を新字に直して紹介・引用されることが多いのだが、仮名づかいは旧仮名づかいのままであることも多い。自民党の緊急事態条項は最初から新字新仮名だ。これを現憲法に挿入すると、ひとつの憲法の中で旧字旧仮名と新字新仮名が入り混じることになる。これに違和感があるのだ。

 だからといって、今さらこの条項も旧字旧仮名にして文体を揃えるというのも変な話だ。例えば「議決があったとき」をわざわざ「議決があつたとき」と表記するのか? 「読み替える」は「読み替へる」と表記すべきなのか? 「従わなければならない」は「従はなければならない」にした方がいいのか? 他の条文と揃えるならそうした方がきれいに収まるが、こんなものはいかにも時代錯誤だろう。

 じゃあどうすればいいのか……という話は、長くなるので明日書くことにする。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中