Amazonプライム会員になった

Amazonプライム

 遅ればせながらAmazonプライム会員に登録した。プライム会員は一般会員より配達が早くなるなどの特典もあるのだが、今回登録した目的はプライム・ビデオだ。

 プライム会員の年会費3,900円(税込)で、登録してある映画やテレビ番組などの動画が見放題になる。1ヶ月あたり税込325円だから、有料の動画配信サービスと考えても格安だろう。番組をバラで購入すると1番組あたり数百円だから、毎月それを2回ぐらい利用すればもとが取れてしまう。(Amazonから荷物を配達するとき「お急ぎ便」が税込360円なので、Amazonでちょくちょく買物する人はこれだけでもとが取れてしまうのだけれど……。)

 プライム・ビデオには見たい番組や映画がすべて揃っているわけではなく、番組内容は時々入れ替わっているようだ。例えばある時にAという番組が無料で視聴できたとしても、翌月に同じ番組が無料で視聴できるとは限らない。翌月は前月に有料だったBが無料になって、Aは無料から有料に切り替わるということもあるのかもしれない。

 これは無料公開されている番組数がそれほど多くないことからの推測だが、それでも現時点で外国映画で300本以上、日本映画で400本以上の作品が利用できる。これだけあれば「暇つぶしの映画鑑賞」ぐらいならまったく困ることはないはずだ。映画館や名画座だって定期的に番組は入れ替わっていくのだから、プライム・ビデオについてもそういうものだと割り切ればいい。

 プライム・ビデオはそのままだとパソコンやスマホでしか利用できないので、AmazonのFire TV Stickというものも注文した。これを自宅テレビのHDMI端子に差し込んでおけば、アマゾン・ビデオがテレビでも楽しめる。Amazonに在庫がないようで、配送されてくるのが今月半ば。そうなると自宅のテレビ環境が、まただいぶ違ったものになってくるような気がするなぁ……。

 今日はソニーで『007 スペクター』の試写を観てきた。ダニエル・クレイグ主演の007シリーズはこれが最後のような気がする。

 あまりネタバレはしたくないのでひとつだけ。007シリーズのファンには「ボンドとマネーペニーは秘かに愛し合っている」とい有力な説があるのだが、今回はマネーペニーにボーイフレンドがいるという展開になってイスから転げ落ちそうになるぐらい驚いた。ボンドにその件を問い詰められたマネーペニーは、「あなたも彼女作ればいいでしょ?」と切り返す。まあ、その通りなんだけどね。

 21世紀のマネーペニーは、ボンドが危険な任務に出かけて帰ってくるのを、おとなしく待っていたりしないのです。彼が出かけた先々で、恋のアバンチュールを楽しんでいるのも知ってるしね。というわけで、007シリーズのファンが秘かに期待していた「ボンドがマネーペニーと結婚して終わる」という予定調和のエンディングは今回ありません。

 ただしクレイグが仮に退場したとしてもシリーズは続くので、おそらくは今シリーズのMやマネーペニー、Qなどのチームは残るのではないだろうか。レイフ・ファインズがMの役を嬉々として演じているので、彼を主役にしてスピンオフを作っても面白そう。でもたぶん、この製作者たちはそういうことはやらないんだろうな……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中