映画祭通いは今日でおしまい

東京国際映画祭

 午前中はせっせと映画評を書いていたが、まだ全部はとても間に合わない。他の仕事もあるので明日に予定していた映画鑑賞の予約はキャンセルし、僕の東京国際映画祭は今日で終わりだ。(映画祭自体は土曜日まで。)

 今日観た映画はイラン映画『ガールズ・ハウス』。結婚式前日に友人たちに「花嫁が死んだ」という連絡が入る。彼女は本当に死んだのか? 死んだとしたらなぜ? 病死? 事故死? 自殺? それとも誰かに殺されたのか? 友人や婚約者を巻き込んで繰り広げられる前半の謎解きミステリー。後半時間をさかのぼって、彼女の死の真相を描く。

 面白い映画だったし、上映後の記者会見で作品に対する理解がより深まった。記者会見で主演俳優が話していた言葉はペルシャ語だと思うが、じつにきれいな響きの優雅な言葉だと思った。もっとも監督が喋ってもその優雅さは感じなかったので、これは俳優の語りの上手さなのかも。

 夕方から茗荷谷に移動して、新しい仕事の打ち合わせ。思ったより時間がかかってしまったけど、先方の要望ときちんとすり合わせができたと思う。これがいい仕事につながっていくといいな……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中