今日はいつでも新しい

まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり。(大学)

大学

 「大学」の中にある有名な言葉。中国古代の商(殷王朝)の初代王で聖王や名君とされる湯王(天乙)は、洗面用の水盤この言葉を刻んで日に何度も目にとめ、心に刻んだという。

 昨日と今日、今日と明日は同じように見えるが、この世界に同じ1日などというものはない。我々が生きている今日という日は、常に毎日が新しい1日なのだ。だから人は慣れることなく、倦むことなく、飽くことなく、今日という特別な1日を毎日新しい気持ちで生きなければならない。

 対人関係もまた同じで、そこには常に新しい人と人との関係性が生まれている。毎日顔を合わせいてる相手であっても、初対面の人と接するような緊張感が必要なのかもしれない。

 人間は慣れるものなので、日々を新たな気持ちで過ごすことは難しい。だからこそ、聖王である湯ですら日に何度もこの言葉を目にして心に刻んだのだと思う。


今週の予定

10月19日(月)〜10月21日(水)
 映画祭の事前試写。

10月22日(木)〜10月24日(土)
 東京国際映画祭のプレス向け上映。

10月25日(日)
 学童保育連絡協議会・代表者会議。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中