試写が毎日3本ずつはキツイ

Land of Mine

 映画祭の事前試写3日目。会場を変えずに次々試写が観られるのはありがたいのだが、会場の神楽座は待機スペースがなく、上映30分前に受付を済ませてもしばらくは会場に入れてくれないので、その間は立って待っていなければならない。会場内で何をやっているわけでもないのだから、受付が終わったらすぐに入れてくれればいいのになぁ……。

 以前は1日3本ずつ映画を観ていてもまったく疲れなかったのだが、最近はちょっと疲れが出るようになった。試写の段階でこれでは、映画祭期間中なんてどうしましょう。映画祭では上映と上映の間も平気で1〜2時間空いたりするし、その間は会場の近くで時間を潰してなきゃならないのだし。まあこれについては、今から心配していてもしかたない。当日疲れがひどいようなら、予定を少し間引くしかないだろう。

 今日観た映画では『百日草』の構成や語り口の面白さに感心し、『地雷と少年兵』に戦争のむごさを感じさせられた。『地雷と〜』は日本語タイトルがあまりよくない。これは面白い映画だったので日本公開するかもしれないけど、その時はタイトルを改めた方がいいと思う。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中