護憲派が招いた安保関連法の成立

写真:朝日新聞デジタル

写真:朝日新聞デジタル

 安保関連法案が参院で通過して成立してしまったことについては、賛成派も反対派もいろんなことを言っていると思う。でも国会での議席数を見ればこうした法案が与党から提出された時点で成立は確定的だったわけで、これ自体は賛成派にとっては当然であり自然のことであり、反対派にとっては想定の範囲内ということになるのだろう。これをことさら大喜びするのも、ことさら残念がってみせるのも、三文芝居のようで白けた気分になってしまう。

 僕自身は今回の法案については憲法違反だと思っているし、今回の国会で無理矢理に通過させる必然性は「安倍首相がアメリカと約束していたから」以外にさほどないと思っている。与党や賛成派が言うように日本の周辺にある安全保障環境が変化し、日本にとってこうした法律がどうしても必要なのだとすれば、そのことを国民に丁寧に説明して、憲法改正手続きを取った上で法律を整備するのが筋だったと思う。(安倍首相は来年以降に憲法改正を国会に発議するような話をしているが、それは順序が違うだろう……。)

 ところで今回の安保関連法にまつわる議論の中で、法案賛成派の中から「そもそも自衛隊の存在自体が違憲なんだから、集団的自衛権の行使が違憲だとしても同じことじゃないか」といった話が出されているのが気になっている。もちろんこれはまったくの屁理屈だ。なぜなら法案を提出した与党側は「自衛隊は合憲であり、法案も合憲の範囲内」という前提で話をしているのであって、そこで「どっちも違憲」という話をしたのでは議論の土台が成り立たなくなってしまう。法案に賛成の意見を述べるのであれば、せめて与党側の提示する前提ぐらいは共有した上で話をしてほしいものだ。

 僕は「自衛隊は合憲だが、法案は違憲である」と考えている。日本は『国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使』を、『国際紛争を解決する手段として』用いることはない。日本はこうした目的のための軍隊を持たず、交戦権も放棄すると決めている。しかし他国に武力攻撃された際、これを何らかの実力を用いて排除するのは『国際紛争を解決する』ことにはあたらない。日本はその解決を国際社会の手に委ねるのだが、それまでの間は自分自身の手で外敵から国民の生命と安全を守らなければならない。いわば時間稼ぎだが、そのために自衛隊は存在する。

 自衛隊が合憲であることに異論をとなえる人は少なからずいる。しかしこの問題は、政治的にはとっくに決着が付いている。1994年に自民党・社会党・新党さきがけによる連立政権が成立した際(自社さ政権)、首相になった日本社会党の村山富市は「自衛隊は合憲である」と認めたのだ。それまで「自衛隊違憲論」の旗振り役だった社会党が方針転換したことで、自衛隊は合憲か違憲かという論争には一応の政治的な結論が出たと言っていいだろう。

 これはもう、今から20年以上前の話だ。にもかかわらず、いまだに「左翼やリベラル派は自衛隊を違憲だと考えている」と主張する人たちが多いのはどうしたことなのか? 彼らは自社さ政権の存在を知らないのか? あまりにも無知であり、「左翼・リベラル=自衛隊違憲論者」という主張はあからさまな藁人形理論に過ぎないと思う。

 ただし、政治的にはとっくに決着して定着している「自衛隊合憲論」も、法的に明確な形になっていなかったのは事実かもしれない。自衛隊合憲が政治決着した時点で、憲法9条は改正して、日本の自衛権についてきちんと明記しておくべきだったのだ。それを怠った結果が、今回の安保関連法にまつわる混乱しきった議論になっている。

 日本の左翼・リベラル勢力が憲法9条を誰にも手の触れられない聖域のように扱ってきた結果、その解釈に幅広い余地を残してしまう結果になった。社会党(社民党)の方針転換で自衛隊合憲が政治的に決着した後も、一部の「護憲論者」は自分たちの考える狭義の平和主義や戦争の放棄に固執し、それを否定する形で憲法が改正されることに反対し続けた。自衛隊合憲論者たちもまた、現行の条文で自衛隊が合憲であることが政治的に決着している以上、あえて憲法改正の手続きを取ってまで条文を訂正することにはこだわらなかった。(憲法改正に必要な国民投票などの制度が、まったく整っていなかったという問題も大きい。)

 しかし今回の安保関連法案の成立を見る限り、9条の解釈に適切な歯止めをかけなかったことが、結果として際限のない自衛権の拡大解釈を招いてしまったのは明らかだと思う。憲法9条を守ろうとした護憲派が、結果として憲法9条の破壊に手を貸してしまったようなものだ。

 今から憲法9条を改正しようとすれば、それは日本の集団的自衛権行使を容認する形での改正しかあり得ない。日本の国是であった専守防衛は、もはや遠い昔話になってしまったのだ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中