五輪エンブレムは公開再投票で別案にした方がいい

Tokyo 2020

 佐野研二郎の諸問題。個々の事例については「こういうこともあるだろう」「やりがちな失敗だろう」という同情の余地もあるのだが、こうも次から次に事例が重なってくると「これはもうダメだなぁ」という気がしてくる。

 オリンピックのエンブレムについて、僕は今でも、あれはオリジナルであり、優れたデザインだと思っている。そもそも佐野研二郎が「パクリだ」と言われている問題の多くは、写真など素材の使用許諾が得られているかどうか怪しいというもの。これは法的、あるいは事務的な手続きの問題であって、デザインの優劣とはあまり関係がないのだ。

 でも世の中の多くの人は、そうとは認めないだろう。佐野研二郎の仕事はすべてパクリであり、五輪エンブレムはパクリデザインが出来レースで選ばれただけなのだ。その多くは誤解にもとづくものなのかもしれないが、その誤解を解く手立てがもう見つからない。

 佐野研二郎本人が釈明し、審査員代表の永井一正が説明し、五輪組織委員会が説明しても納得しないのに、この後一体誰がどう説明すれば納得するのだろう。このデザインをパクリだと信じる人たちは、このエンブレムが掲げられた東京五輪大会に、ある種の気まずさや気恥ずかしさを感じるだろう。

 佐野デザインの五輪エンブレムは、もう命運がつきている。これ以上このデザインを使い続けるのは、なんだか悪い冗談のように見えてしまう。どこかのコンビニがおでんの具材でエンブレムを模倣してみせたが、今や正規のエンブレムがおでん以上に滑稽なものになり果ててしまっているのだ。このエンブレムを掲げることで、2020年東京オリンピックの品位が下がってしまうのだ。

 かくなる上はなるべく早い時点で、エンブレムは新しいものに差し替えた方がいいと思う。今からオープンコンペなんてやる必要はない。国内外の一流デザイナーが応募しながら、前回のコンペで選に漏れた候補作が100以上あるではないか。

 それをネットですべて公開して、誰でも自由に投票できるようにすればいい。上位3〜5作品ぐらいを残して類似デザインがないかを厳重に審査し(ネットで「類似作品がないかチェックしてください」と呼びかければいい。人海戦術で1週間もたたぬうちに世界中のありとあらゆるシンボルやロゴマークをチェックしてくれるに違いない)、問題がなければ投票で一番人気のデザインを採用するのだ。

 もうこうなったら、そうでもしないと騒ぎはおさまらないよ。

 佐野研二郎については、少し落ち着いてから「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演して自分のヘマを自らお笑いに転じること。そうでもしない限り、デザイナーとしても再起不能だと思うよ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

五輪エンブレムは公開再投票で別案にした方がいい」への1件のコメント

  1. ピンバック: 五輪エンブレムの使用中止に思うこと | 新佃島・映画ジャーナル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中