何百年でも謝罪し続けるべきなのか?

福島瑞穂

 安倍首相が戦後70年談話で『あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません』と述べたことを受けて、社民党の福島瑞穂議員が「何百年たとうが謝らなければならないことはありますよ」と言ったらしい。

 これに対して「売国発言だ」「トンデモだ」という意見も多々あるのだが、僕はそうした意見に半ば同意しつつ、「謝らなくていいのだ」という主張にも首をかしげる。

 「今後もずっと謝らなければならない」とか「もう謝らなくていいのだ」ではなく、謝るか謝らないかは未来の世代に任せればいいのではないだろうか。「謝り続けろ」というのは未来の日本人の行動にカセをはめてしまうけれど、「謝るべきではない」というのも同じように日本人の未来の行動を制約してしまうものだと思う。

 大切なのは「日本人が何をしてきたのか?」という歴史の問題だ。日本が近現代史において、周辺国との間でどんな歴史を作ってきたのか。日本人はアジアの中で何をしたのか。その歴史を学んだ上で、謝りたければ謝ればいいし、謝る必要がないと思うなら謝らなければいい。

 一般論として、自分たちが悪いことをしたと思っていないのに口先だけで「申し訳ございませんでした」と謝るのは不誠実だし、謝られた方に対しても失礼だ。そうした謝罪をする人たちは、今後何度でも同じように悪いことをするだろう。謝ってはいても、反省はしていないからだ。

 一方で自分たちが悪いことをしたと思っているのに「悪くない。謝る必要はない」と強弁する人というのは、単に幼稚な意地っ張りだろう。

 まあしかし、謝るか謝らないかは「気持ち」の問題であって、他人にそれを無理強いされるようなものではない。

 福島議員が「何百年たとうが謝らなければならないことはありますよ」と言うのであれば、それが具体的にどんなことなのかという啓蒙活動に時間を割けばいい。福島議員は日本の過去の歴史についてお詳しいようで、それを考えると日本人は周辺国に何百年でも謝り続けなければならないという結論に達しているのだろう。でもその歴史観が他の日本人と共有できない限り、福島議員の言い分は「余計なお世話」でしかないのだ。

 頭ごなしに「謝罪しろ」と言わずに、「過去にこういうことがありました。それについてどうすべきかは、皆さんご自由にお考えください」という形で問題を提起してくれれば、世の中にはもう少し聞く耳持つ人たちも現れると思うんだけどな……。

 いずれにせよ、日本人は自国の近現代史についてほとんど何も知らない。先日の安倍首相の戦後70年談話は、それを総括したものだ。福島議員が批判すべきは謝罪の有無ではなく、むしろ安倍首相の近現代史の総括が妥当なものか否かという点だったのではないだろうか。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中