戦後70年談話の放送を見て

 安倍総理の戦後70年談話をテレビの生放送で見た。内容的にはそれなりに立派な談話に仕上がっていたと思う。過去の村山談話や小泉談話に比べてかなり長いものになっているのだが、それは各方面の意見を入れ、顔を立てて、全体として遺漏のない、誰からも大きな文句が出て来ないような作文をしたからだと思う。

 言葉の組み立てなどを見ても、スピーチライターはかなり力を入れてこれを書いたんだろうと思った。日本の過去の歴史の失敗を、反省し、失敗を国際社会の中で許されたことを感謝し、謝罪し続けることはしないが、過去の歴史に真摯に向き合い続ける……という筋立ては悪くないと思う。

 しかしこれは、談話ではなく、安倍首相が米議会で行ったような「演説」を念頭に置いて書かれているのではないだろうか。例えばこれは、明日の新聞各紙でいろいろな取り上げられ方をするところだと思うけれど、談話の中に次のようなくだりがある。

あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 これはやはり、「もういい加減謝罪はウンザリだ」という気持ちの表れのように見えてしまうのだ。でも談話ではこの直前に、次のようなことが述べられている。

寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後70年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださったすべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

 これは談話全体の中で、ひとつのクライマックスになっている。同じ談話をアメリカの議会で読み上げれば、ここで聴衆全体が立ち上がって拍手するところでしょう。ところが談話にスタンディングオベーションはないので、全体がだらだらと流れて、談話のどの部分も同じ比重で受け取られてしまう。

 安倍首相に特徴的な、文章をセンテンスの途中で何度も区切って読むクセが、全体の平板な印象をより強調する。今回の談話の長さもまた、だらだらした締まりのない印象を強めてしまう。

 同じ原稿をプロの役者が読み上げれば、日本中の人々の腑に落ちる名演説になっていたかもしれない。でもこれはそうならなかった。スピーチライターの熱意も空回りしてしまったと思う。

 プロンプターを見ながらあちこちに視線を移す姿も、自信なさげにきょろきょろしているようで印象が悪かったな。なぜ一方向を数秒しか見ないんだろう。あれは数分間はじっと同じ方向を向いて話、内容の区切りで別のプロンプターに視線を移すぐらいでいいんじゃないのかな。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中