8月15日は国民の祝日にすればいい

 試写を観に行くために東京駅で下車したら、コンコースが大混雑で真っ直ぐ進めない状態。みなさんお盆に向けて地元に帰るのか、あるいは夏休みを利用して旅行に出かけるのか。いずれにせよ、この時期に日本中で「民族の大移動」が起きるわけですね。

 ところが企業の中にはこの時期に決まった夏休みを設けていないところもあって、就職活動中の学生の中には「面接が入って帰省できない」というケースもあるみたい。学生は時間が有り余るほどあるのだから、お盆以外の時期に帰省すればいいという意見もあるだろうけど……。

 お盆の行事は全国的に8月15日に行うことが多く、これが終戦の日でもあることから、この日を「国民の祝日」として休みにしようという意見は常にある。今年はちょうど終戦から70年なのだが、そろそろ8月15日の祝日化を真面目に政治課題として取り上げた方がいい時期になっているのではないだろうか。

 祝日を新たに作るには祝日法(国民の祝日に関する法律)を改正しなければならないのだが、そこではその日がどんな目的で祝日とされているのかが定められている。例えば以下のような具合だ。

  • 元日 一月一日 年のはじめを祝う。
  • 成人の日 一月の第二月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
  • 建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
  • 春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
  • 昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
  • 憲法記念日 五月三日 日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。
  • みどりの日 五月四日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
  • こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
  • 海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
  • 敬老の日 九月の第三月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
  • 秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。
  • 体育の日 十月の第二月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
  • 文化の日 十一月三日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
  • 勤労感謝の日 十一月二十三日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
  • 天皇誕生日 十二月二十三日 天皇の誕生日を祝う。

 8月15日は「平和の日」か「慰霊の日」とでも命名すればいい。「祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ」日としては既に秋分の日があるので、8月15日は「日本の過去の戦争と植民地支配を反省し、犠牲となった国内外の人々を悼む」とでもしておく。

 つまり8月15日が祝日である限り、日本はアジア諸国に対して未来永劫「反省」を繰り返すことになる。これで中国や韓国から「日本人は戦争について謝罪の気持ちがない」などと言われる筋合いはなくなるだろう。「日本人は反省しろ!」と言われたら、「日本では特別な法律まで作って、このように戦争の反省をしております」と反論できるのだ。

 「中韓にはもはや謝罪の必要はない」と主張する自称保守派はこれに不快感を持つかもしれないが、実際には祝日の目的なんて日本人のほとんどが知らないのだから気にする必要はない。5月5日の「こどもの日」が「母に感謝する日」だと知っている人が、世の中にいったいどれだけいるだろうか?

 8月15日を祝日化してどんな目的をくっつけようと、日本人はそんなこと気にしない。祝日の目的は「日本中が深く反省しております」対外的なポーズだ。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中