自民党による憲法9条改正草案

日本国憲法改正草案Q&A

 国会で行われている安保関連法制にまつわる議論と並行して、憲法改正についての議論もまた行われている。「自衛隊について憲法の中でしっかりと位置づけた方がいい」という意見はわかるとして、では現在の政権与党である自民党は、現在の憲法をどのように改正しようとしているのだろうか。

 たぶん「憲法を改正しろ」と言っている人たちも、自民党の改正草案そのものは読んだことがないんじゃないだろうか。読まないままに「改正しろ」と言って、安倍首相が率いる自民党にその内容を丸投げしようとしている。

 でもそんなの、ちょっとヤバイでしょ?

 以下に、現在公表されている自民党の憲法改正草案の中から、憲法9条の部分だけを抜き出してみた。一目見てわかるとおり、九条は現在のものに比べて大幅に拡張されている。


第二章 安全保障

第九条(平和主義)
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。

2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるもの ではない。

第九条の二(国防軍)
我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。

2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。

4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。

5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

第九条の三(領土等の保全等)
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。


 以下、自民党の改正案のポイントは以下の通りとなる。

  • 現行の九条二項にある『前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』を丸ごと削除している。

  • 第九条の二と三が新設され、それぞれ「国防軍」「領土等の保全等」にあてられている。

  • 特に第九条の二の規定はボリュームが大きく、「国防軍」の創設が改正九条の中心となっている。

 憲法九条の改正というと第二項を少し手直しして自衛隊の存在を明確に認める程度だと思っている人が多いと思うが、政府自民党が目指す改正は上記の通りだ。現在の安倍首相のロジックで言えば、こうした改正案は各種パンフレットという形で既に国民の前に差し出されており、その上で自民党が選挙に勝てば、国民がこの改正案を支持したというということになるのだろう。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中