日本国憲法・第9条(リライト版)

日本国憲法をリライトする

 電子書籍「日本国憲法をリライトする」のため2年前に書いた憲法9条のリライト版。


第九条(不戦の誓いと軍隊の放棄)
 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に求めている。国際紛争を解決する手段として、他国と戦争をしたり、武力による威嚇や行使をすることは決して許されない。我が国はこれらの行為を永久に放棄する。
○2 前項の目的を果たすため、陸軍、海軍、空軍、その他のいかなる戦力も保持してはならない。国が戦争をする権利は認められない。


 「基調とする」は原文のままなんだけど、これは別の言葉に書き換えた方がよかったかもしれない。現代日本語なら「基調とする」を「基本とする」に置き換えてもいいのだろうが、より広い範囲で書き改めて「正義と秩序によって成り立つ国際平和」でもいいかもしれない。

 憲法9条は解釈によって「軍隊を持てる」とも「軍隊を持てない」とも結論づけられる条文なので、リライト版でこれ以上踏み込んでいくと、両解釈のどちらかの肩を持たざるを得なくなってしまう。僕自身は「軍隊は持てるでいいんじゃないの?」と思っているのだが、その場合は第2項をもう少し噛み砕いた内容にした方がいいのだろう。

 第2項は次のようにリライトすべきかもしれない。この場合は少し「軍隊を持てる」寄りの解釈になる。


○2 陸軍、海軍、空軍、その他のいかなる戦力も、前項に反する目的のために保持してはならない。国が他国に対して戦争を行う権利は認めない。


 憲法9条と自衛隊の関係については、長年「自衛隊は憲法が定義する戦力にはあたらず、憲法違反ではない」と主張されてきた。それは政権政党である自民党がそう言ってきたのだ。ところが最近になってその自民党が、「自衛隊は憲法と矛盾するからこれを正すために憲法を改正してですねぇ……」なんて言いだしている。なんだそりゃ?

 憲法9条は最初から自衛のための戦争を否定していないし、そのために必要な武力を持つことも否定していない……と僕は思っている。『国際紛争を解決する手段として、他国と戦争をしたり、武力による威嚇や行使をすることは決して許されない』のだが、他国が武力で攻めてきたらそれを防ぐのは当たり前のことだろう。

 日本国憲法は侵略戦争はもちろん、軍事大国が武力をちらつかせて弱小国を思いのままに屈服させる野蛮な外交を否定している。しかしそれ以外のための武力なら、おそらくは持っていいのです。自衛隊は現在の憲法の範囲で存在しているわけだし、それが憲法と矛盾しているなどと言うのはおかしな話だと思う。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中