日本国憲法前文(リライト版)

日本国憲法をリライトする

 以下は今から2年前、電子書籍「日本国憲法をリライトする」のために書いた日本国憲法の前文です。


 私たち日本国民は、正当な選挙で国会に送り出された代表者を通して行動する。私たち自身と子供たちのために、諸外国との友好関係から生まれる成果と、我が国全体に恩恵をもたらす自由を守り抜く。悲惨な戦争を再び起こさない政府を作ることを決意する。そして私たち国民自身が、我が国の主権者であることを宣言してこの憲法を確定する。

 そもそも国の政治は国民の厳粛な信託によるもので、その権威は国民に由来しているものだ。権力は国民の信託を受けた代表者が行使するが、それによって生み出される幸福や利益は国民自身が受け取らねばならない。これは人類にとって普遍的な原理であり、この憲法もその原理に基づいている。私たちはこれに反する一切の憲法を、法令を、詔勅を拒絶する。

 日本国民は、世界に恒久的な平和が実現することを強く願う。私たちは人間相互の関係を超えた、崇高な理想があることを信じている。だからこそ、平和を愛する世界中の人々の公正と信義を信頼することで、私たちの安全と生存を守ろうと決意したのだ。国際社会は協力し合いながら、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努力している。私たちはその中で、名誉ある地位を得たいと考える。全世界の人々が誰でも同じように、恐怖や貧困から免れ、平和の中で生きる権利を持っていることを、私たちは知っているのだから。

 政治道徳の法則は普遍的なものだ。どの国も自国のことのみに専念して、他国を無視してはならない。この法則に従うことが、自国の主権を維持し、他国と対等な関係に立とうとするあらゆる国の務めだと私たちは信じている。日本国民は国家の名誉をかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。


 今ならまた別のリライト方法があるような気がするのだが、とりあえず2年前の時点ではこのように書き直してみた。

 憲法の前文は結構立派なことが書いてあるのだが、日本語の文章としては目も当てられないような悪文。これをありがたがって、そのまま小中学生に書き写させるようなことは勘弁してほしい。まあ般若心経を書き写すのと同じで、精神修行だと言うのなら別だけどね。でもそれじゃ社会科の勉強じゃなくて、宗教だよなぁ……。

 憲法は前文以外の全部を読み通してもそれほど長い文章ではないので、小学校高学年ぐらいなら夏休みの自由研究でこれを全部自分の言葉に書き直してみるというのもいいかもしれないな。

 「リライトなんてふざけている」「そんなことに何の意味があるのだ」と言う人もいるかもしれないけど、どのみち憲法の前文は読む人が頭の中で噛み砕いてよく咀嚼しないと、意味がまったくつかめないものなのだ。つまり実際に文章として書き出すかどうかは別として、誰もが頭の中で内容を整理して読み替えたり読み直したりしているのが、日本国憲法の前文だと思う。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中