憲法前文が理想主義すぎるだって?

日本国憲法改正草案Q&A

憲法改正論者がしばしば文句を言うのは、日本国憲法の前文にある次の部分だ。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

 改憲論者に言わせると、これは理想主義に過ぎてちっとも現実的じゃないのだという。『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』、自国の安全と生存を外部に委ねてしまうのは無責任なんだそうだ。(自民党の発行している「日本国憲法改正草案Q&A」に言わせれば、これは『ユートピア的発想による自衛権の放棄』なんだとか。)時代は変わった。もはやこうした言葉が通用する国際情勢ではないということらしい。

 しかし考えてみてほしい。『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』を前提とするような世界が、この憲法が作られた70年前にはあったんだろうか?

 そんなものなかったのだ。なかったからこそ、20世紀前半の世界は2度の大きな世界大戦を経験し、多大な犠牲を払う羽目になった。憲法の原案を作ったアメリカの軍人たちも、それを受け取った日本の政治家たちも、同時代人として当然それを知っていた。身をもって知っていた。骨身に染みて知っていた。それでもあえて、彼らは日本国憲法の前文の『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』と書いた。

 これは最初から「実現されるべき理想」として書かれているのだ。実現されるべき理想とは、「いまだ実現されざるもの」だ。『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』は、いまだ実現されざる理想であり、絵に描いた餅に過ぎない。

 日本国憲法の前文はその末尾で、前文の記述が『崇高な理想』であると自ら述べている。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 これを「理想主義に過ぎる」と笑う人たちは、そもそも日本国憲法を読んでいないのだろう。ここには第二次大戦の直後の世界に生きた人たちが、肌身で感じていた「戦争と平和のリアリズム」がある。「現実の平和」を勝ち取るために、「崇高な理想」を掲げるのは、じつは現実主義なのだ。

 その証拠に、現在の世界はこの「絵に描いた餅」のもとに、とりあえず協調したり団結したりしているように思える。『平和を愛する諸国民の公正と信義』という前提があればこそ、それに反した行動をするISILのような勢力が国際的に非難されているのだ。

 実際の国際社会は、互いの利害関係で動いている。理想などそっちのけで、現実の軍事的、政治的、経済的な力関係で動く。誰も彼もが欲得ずくなのだ。しかしそれを最初から前提にしてしまったのでは、ISILの残虐行為も、北朝鮮の恫喝外交も、ロシアのクリミア併合も、中国の海洋進出も、誰も非難できなくなってしまうではないか。

 こうした国際問題を調停するのが、じつは『平和を愛する諸国民の公正と信義』という「絵に描いた餅」なのだ。これを否定する者に、平和を語る資格はないと思うのだが……。

 ちなみに日本国憲法の平和主義を「理想主義に過ぎる」と批判する自民党は、憲法前文をそっくり書き換えてしまうことを提案している。その草案は以下の通りだ。

 日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立 に基づいて統治される。
 我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
 日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
 我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
 日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。

 これだって十分に理想主義だろう。しかも現行の日本国憲法前文よりも、内容が小粒になっている。現行憲法は次のように述べている。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 現行憲法が『自国のことのみに専念して他国を無視してはならない』と書いているのを完全に消し去って、自国と自国民のことばかりを書き連ねる自民党改憲草案の貧しさよ……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中