手術から1ヶ月たった現状

領収書

 椎間板ヘルニアで入院したのが4月6日の月曜日で、手術は翌週水曜日の4月15日。それからちょうど1ヶ月経ったので、現状がどんな具合なのかを記録として書いておくことにする。

  • 現在はコルセットで生活している。病院出入りの業者がオーダーメイドで作ってくれたコルセットの他に、入院時に整形外科医でもらった(購入した)腰部サポーターベルトと、同じメーカーのベルトの色違いを使い分ける。外出時はオーダーメイドのコルセットだが、部屋で過ごすときや寝るときなどはサポーターを使う。

  • 退院(4月25日の土曜日)からしばらくは外出時に杖を使っていたが、翌週に外来で訪れた病院で担当医から「まだ杖は必要ですか?」と言われたので、翌日からもう杖は使わなくなってしまった。

  • 飛んだり走ったりすることはしないが、日常的な歩行にはまったく不便を感じていない。歩いている姿は健康な人と変わらないと思う。

  • 手術をした傷の痛みはもうほとんどない。傷はもうほとんどふさがっていると思うが、一応上から防水フィルムを貼って保護している。たぶんこれは、次の外来を受診したときに「もういいです」と言われると思う。

  • 今週の月曜(11日)ぐらいから、座っているとお尻が痛くなるようになった。お尻の骨(尾骨や仙骨)のあたりがひどく痛む。

  • 13日(水)に外来で病院に行ってレントゲンを撮ったが、特に異常はないとのこと。臀部の筋肉がだいぶ痩せてしまったので、骨がイスの座面に圧迫されて痛むのではないか……とのことだった。

  • お尻の痛みについては、座りっぱなしが良くないので、少しでも痛みらしきものを感じたら立ち上がって少し部屋の中を歩き回るようにしている。結果として、以前ほどの痛みは感じなくなった。まあ、痛いことは痛いんだけど。

  • 14日(木)は朝起きたらいきなり目まい。かかりつけの内科に行ったら、三半規管のリンパ液が流れにくくなっているのだろうと言われた。点滴を打って、飲み薬を処方してもらった。目まいと腰の手術はあまり関係ないと思うのだが、一応ここに書いておく。

  • 退院後は『シンデレラ』と『名探偵コナン』を映画館で観たが、やはりちょっとしんどいなぁ……というのが正直なところだ。当初は「退院したら映画館に行くぞ!」と意気込んでいたが、結局あまり映画館には足を運べていない。無理は禁物だと、自分に言い訳している。

  • 試写室のイスは腰に悪そうなので、試写に行くのは控えている。ただもう手術から1ヶ月経つし、そろそろ試写を観ておかないと原稿を書くさいのネタにも事欠くようになっているので、来週あたりからそろそろ試写に復帰かな……。ただし1日に1本限り、週に3本以内ぐらいにしておきたい。

  • 椎間板ヘルニアは座っている姿勢が悪いことで、背骨の一部に過度な負担がかかることで起きるらしい。MRI検査の結果、今回手術をした部位のすぐ近くに、既に変性が始まっている椎間板があることがわかっている。手術したところが良くなっても、姿勢が悪いとこの変性部分がまたヘルニアになってしまうので気をつけなければならない。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中