コミック単行本は小ロット印刷になっている

なのな フォト ゴロー

 どうやらマンガは、最近になって小ロット印刷になっているようだ。初版である程度の部数を刷っても、それが終われば増刷はなし。あとは電子書籍でどうぞ……というパターン。

 例えば僕が電子版で買っている森下裕美の「なのな フォト ゴロー」は、アマゾンを見る限りいつまで経っても単行本の増刷がかからない。先日注文して2巻を読んだばかりの池田邦彦の「でんしゃ通り一丁目」は、発売されたばかりの2巻は手に入るが1巻は電子書籍版しか存在しない。

 こうした本を紙で手に入れようとすれば、例えばアマゾンのマーケットプレイスで中古本を手に入れることになる。出てからまだそう時間もたっていないので、状態のいいものが定価の半分ぐらいで手に入る。それに送料を加えても、まあ新品を定価で購入するのと同じぐらいだ。

 もちろんマンガの中には一度に大量に売れる大ヒット作や大ベストセラーもあるから、そういうものは紙の本が売り切れになれば増刷するのだろう。でも僕が買っているようなマンガはどうもダメですね。テレビドラマや映画化でもされればまた別の売れ方をするんだろうけど、その時は重版するのではなく新装版を出すような気がする。あるいは紙質を落としたコンビニ版を作って大量に売るとかね……。

 こうしたマンガの売られ方を見ていると、出版の未来が見えてくるような気もする。その未来は、決して明るいものでもないんだよなぁ……。

投稿者: 服部弘一郎 カテゴリー: 日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中